fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 5風景・東大和 › 空堀川・散歩のルート変更

空堀川・散歩のルート変更

2017-05-23 (Tue) 06:18

3週間ほど前から高木3丁目の空堀川、遊歩道南側の一部が閉鎖された。いよいよ空堀川の旧河川部分の改修工事が始まった。この辺りの工事、左下画像の赤丸と青丸の部分、来年の3月までの予定で工事が進められている。

赤丸部分は「貯留ボックスカルバート」と呼ばれる工事で、空洞のコンクリートボックスを敷き詰め、暗渠スタイルになるらしい。雨水を一旦中に溜め、徐々に地下へ浸透させることにより雨水の流出を抑制する工法、地下水の枯渇を防ぎ、自然な生態系を守りながらヒートアイランド対策にもなるらしい。

遊歩道の通行止め部分は短いが、散歩ルート上のインパクトは大きい。今は、緑線部分で迂回している。

空堀川高木3丁目工事高木3丁目西側工事
高木3丁目遊歩道工事の概略図と赤丸部分の工事の様子

青丸部分は、ブロック積護岸工事となっていて、開渠のままとなるようだ。ここは散歩ルートに直接の影響はない。心なしか、時折見かける最近のアオサギも空堀川上流の奈良橋5丁目、6丁目方向で見るケースが増えてきた。

アオサギ奈良橋6丁目ぼたん奈良橋5丁目
奈良橋6丁目でアオサギと5丁目遊歩道のぼたん

空堀川の蔵敷3丁目・奈良橋6丁目側の工事、高木3丁目の奈良橋川との合流地点の工事、そして高木3丁目遊歩道のこの工事、ここしばらくは空堀川に生息するカワセミ、アオサギ、ゴイサギたちも落ち着かない日々が続く。養子君ダンケの新散歩ルートも未だ、定めきれていない。

親しくなったカワセミウォツチャーの言によると、やはりカワセミは上流に棲み処を替えているとのこと。その辺りはまた、別途...。

関連記事

最終更新日 : 2017-05-23

Comments







非公開コメント