fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 6シニアライフetc › アマゾンの当日配送撤退ヤマト

アマゾンの当日配送撤退ヤマト

2017-04-07 (Fri) 10:18

以前のブログ記事( 網戸の張替えもネット通販 )で、昨今のネット通販の広がりについて紹介した。アマゾンの当日配送サービスに代表される、そこまでするか、できるのかという日本の宅配サービスのことだ。 

このひと月ほど前からマスコミも宅配クライシスというキーワードで、ヤマト運輸を題材にした宅配サービス業界の問題を熱心に取り上げ出した。ついには、「ヤマト、アマゾンの当日配送撤退へ」(07日、日経)という記事に至った。

ネット通販の広がりを支える宅配サービスだが、考えてみれば「自分で探して買いにいくよりも、家まで届けてもらう方が安い」、生活に便利なこのサービスは一定の限られた条件下で成り立つモデルなのだろう。

ヤマトの宅配便(日経朝刊4/07より)宅配便の増加(日経朝刊4/05より)
ヤマトの宅配便個数(日経朝刊4/07より)と宅配便全体の増加(日経朝刊4/05より)


この記事(07日)は、「ヤマト運輸は最大の取引先であるネット通販大手アマゾン・ドット・コムの当日配送サービスの受託から撤退する方針。アマゾンは日本郵便などへの委託を増やす考えで、サービス縮小を余儀なくされる可能性がある」というもの。

再配達、人手不足、従業員の負担増、取引の見直し、という宅配サービスの構図だが、人手不足の壁は宅配業界だけのことではない。アマゾンの当日配送をヤマトから日本郵便に移すことで一件落着という訳にはいかないようだ。

再配達削減の取り組み
広がる再配達削減の取り組み(日経朝刊4/05より)


働き方改革とも相まって、日本の丁寧で行き届いたサービスを至上のものとしてきた諸々のサービスや小売り、外食などの、「日本型」事業モデルの見直しにも発展してきそうだ。

関連記事

最終更新日 : 2017-04-08

Comments







非公開コメント

No title

宅配ボックスが解決策ではないかなと思います。
マンションでは、宅配ボックスの設置費用を居住者に求めています。購入時にカードキーを配布しています。
マンションでも、スペースの関係で、難しいケースがあるようです。
私は、コンビニ受取がよいかなと思うのです。
現在は、顧客にインセンティブが、配送料無料になっているのが問題です。
そして、Amazonのような無料送料を辞めたら”いかがでしょうか”
もっともっと、通販業者(個人も含む)が、お客様にどうやって”配送業者の理解が得られるのか?”知恵を出して呉れたらなぁ”と思う次第です。
2017-04-08-19:12 Sekiguchi Hideo
[ 返信 ]

Re: No title

コメント、ありがとうございます。
宅配サービスの再配達率は全体の2割を占めるとか。その点で、宅配ボックスもコンビニ受け取りもよいアイデアですね。これからヤマトを中心に「宅配サービス」も様変わりしていきそうです。Junpei
2017-04-09-13:35 Junpei
[ 返信 ]