FC2ブログ
Top Page › コミュニティ › 2地域へ参加・ある街で › 公民館交流集会に

公民館交流集会に

2017-03-30 (Thu) 07:59

以前のブログ記事( 公民館活動のこと )で、公運審の委員活動に携わっていることに触れた。少しカタイ話題となるがご容赦。先週、国分寺市の本多公民館に。三多摩の社会教育・公民館交流集会への参加だ。参加者は30名弱。

公民館ホールで開催されたこの交流集会、公民館運営審議会委員の現委員や元委員を対象に企画された自主勉強会。内容は第1部が問題提起のプレゼン、そして第2部は課題ごとのグループディスカッションと二部構成となっている。

問題提起のプレゼンは大串隆吉氏(首都大学東京名誉教授、昭島市や国立市の公民館運営審議会委員)で、「今、公民館運営審議会の位置と可能性を探る」というテーマでお話しいただいた。

公民館交流集会170320
国分寺市立本多公民館と公民館交流集会のチラシ170320


初参加のこの勉強会、不定期ではあるが継続して企画されているとのこと。プレゼンの内容も新鮮ではあったが、第2部での各市の動きの情報交換も収穫大の勉強会ではあった。

・公民館の運営と公運審の位置づけが自治体毎に多様であること、公運審のない自治体も沢山ある。
・公民館の役割を機能させるため、公運審の類の「運営体」の形も変化(進化)し続けている。
・公民館の役割も時代や環境に応じて変化し、可能性を拡げている。
・地域を豊かにする公民館のあり方を真摯に考える人たちがいる。

交流集会への参加を終え、そんな感想を持った半日であった。

関連記事

最終更新日 : 2017-03-30

Comments







非公開コメント