fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 4パソコン・ネット › 鹿児島からビデオ通話

鹿児島からビデオ通話

2017-03-08 (Wed) 07:00

鹿児島、母への顔見せでは昨年の6月以来となった。今は市内の妹夫婦宅で生活する母も、今年93歳になる。一昨年までは入退院を繰り返していたが、今はお陰様で比較的落ち着いた生活である。

母はベッド以外は車いす生活となっているが、月水金の日中は送り迎えで近所のデイに、火木は午前午後と自宅でリハビリ・サービス、合間に2回/週は近所のクリニックの往診を受けるなど、結構忙しい日々だ。

口数の方はめっきり少なくなってしまったが、こちらから話しかければ短くきちんと応えてくれる。そこで、夕食後の時間に東京の子供たちとビデオ通話(iPad を使って)で、話をしてもらった。

機内からの富士山170304デイ出勤前の母と170306
機内からの富士山170304とデイ出勤前の母・横浜から同行の妹夫婦170306


久々に東京の孫たちと、顔を見ながら話のできるビデオ通話は、母にとってよい刺激となってくれたようだ。このラインを利用した無料のビデオ通話(要するにテレビ電話)、大変に便利なものである。昨年から、画面の大きいiPad でも利用できるようになった。

LINEビデオ通話の画面
LINEビデオ通話のイメージ(画像はLINE公式ブログサイトより)

ゆっくりゆっくり食べる母の食事タイムは長い、滞在中、朝晩の食卓を囲み顔を見ながら食事...お互いに交わす言葉は短いが。介護を続けてくれている妹夫婦には感謝以外の言葉がない。

関連記事

最終更新日 : 2017-03-08

Comments







非公開コメント