fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 1旅と歩き › 迎賓館赤坂離宮一般公開

迎賓館赤坂離宮一般公開

2017-01-23 (Mon) 07:56

昨日(1/22)、都内の一日バスツアーに参加。ツアーの目玉は、迎賓館赤坂離宮の参観。赤坂離宮は、外国からの賓客の接遇に支障のない範囲で一般公開を行っている。今回の公開は1月5日(木)から3月11日(土)まで。(毎週水曜は休刊日)

2月2日(木)~28日(火)の期間は、事前の予約や当日の整理券なしで料金(¥800)を支払えば参観できるとのことだが、それ以外の期間はインターネットで事前に予約ができる。この日のツアーは、住所・氏名・年齢等を伝えた旅行社が手続きを済ませてくれていた。

それでも入館するまでには、並んだ場所での事前の本人確認、持ち物検査等、大勢のスタッフによるセキュリティチェックが大変に厳しかった。

迎賓館赤坂離宮2赤坂離宮1
迎賓館赤坂離宮主庭側(左)と正面外観(右)170122

建物の創建は1909年(明治42年)、現在の迎賓館赤坂離宮の完成は1974年(昭和49年)、そして、2009年(平成21年)、創建当時の建造物である本館、正門、主庭噴水池等が明治維新以降の建造物として初めて国宝に指定されている。

見学者は一日限定4,000人(内、当日分は一日1,000枚)で、この日は日曜ということもあり、結構な混雑振りであった。建物は、幅125メートル、奥行き89メートル、高さ23.2メートルの広大なもの。

肝心の参観、内装も庭も確かに見ごたえ十分、素晴らしいのひとこと。おススメの場所と言えるだろう。館内は撮影禁止なので記録が残せない、内閣府の迎賓館赤坂離宮写真集で一部をご覧いただきたい。

築地場外市場で立ち寄った山長(たまごやき、左)と味の浜藤(いか揚げ、右)
たまごやきの築地山長味の浜藤築地本店
お台場自由の女神お台場ホテルグランドニッコー
ランチ時に立ち寄ったお台場自由の女神(左)とホテルグランドニッコー(右)

浅草の浅草寺浅草スカイツリー
ツアーの最後に立ち寄った浅草寺(左)とスカイツリーの遠景(右)


東大和市駅前の出発が7時20分、最初に向かった築地場外市場の食べ歩きでゆっくり時間を過ごし、ランチ場所はお台場のホテルグランドニッコー、それから目的の迎賓館赤坂離宮、最後は浅草の浅草寺へ。東大和市駅広場への帰着は17時50分だった。

バス1台がそっくり東大和市民、ゆったりの時間配分、天候にも恵まれ、十分に楽しめるツアーとなった。今人気のこのツアー、この旅行社だけでもこの日このコースにバス25台が手配されている。築地山長のたまごやき、浅草舟和のいもようかん、常盤堂の雷おこし、カミさんはツアー中での買い物もしっかり済ませていた。

関連記事

最終更新日 : 2017-01-23

Comments







非公開コメント