fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 2地域へ参加・ある街で › さくら女子中学校2年目の始動

さくら女子中学校2年目の始動

2017-01-05 (Thu) 23:31

時々のブログ記事( 頼れる拠点・JICA東京 )等で、「キリマンジャロの会(一般社団法人)」のアフリカ・タンザニアでの支援活動のことを紹介している。その「さくら女子中学校の支援活動」が様々な紆余曲折を経て2年目を迎えた。

正月三が日明けの4日(水)、JICA東京の会議室を使って2年目の活動を開始。この日は午後からの定例会(2017年度事業計画等)を終えると、現地派遣を終えて年末に帰国したGさん、Kさん、そしてこの日深夜に出国(派遣)するNさん、それに来月派遣予定のTさん、さらにJICAの関係者も加わって、ささやかな懇親・壮行会を行った。会場は笹塚駅前の居酒屋さん。

JICA東京170104壮行会・懇親会
JICA東京(左)と懇親・壮行会(右)170104

支援活動の昨年度はJICAとの共同プロジェクト(草の根技術協力事業に関する業務委託契約を締結)として、さらには企業や多くの支援者の資金提供を得ての活動であった。

現地では予期せぬ様々な事態が発生する。任務を終えて帰国した現地派遣の方々の話を聞き、このプロジェクトが派遣される志の高い若者抜きには成り立たないことを今更ながら痛感。懇親・壮行会では、これから派遣となる先生等の健勝を祝した。2年目となるKさん、そしてNさんがこの日の深夜便で旅立った。

さくら女子中学校での昨年度の主な事業:
・開校式の挙行(1月23日)
 生徒30名、
 教員日本人3名米国人1名、調整員1名を日本より派遣、現地教員4名と職員8名
 陽光桜の苗木植樹
・生徒19名に奨学金を提供
・後期より生徒数33名
・2017年度新入生の募集と試験
・塀の竣工(政府ODA草の根無償資金)と贈呈式(9月10日)
・2017年度入学予定者に対する事前学習を実施(10月~11月)49名参加
・2016年度学事終了、生徒帰省(12月02日)
・教員に対するSGSS(さくら女子中学校)理念、JICAとの連携事業の説明会(12月03日)


関連記事

最終更新日 : 2017-01-06

Comments







非公開コメント