fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 5風景・東大和 › 空堀川・サギの越冬 ゴイサギ

空堀川・サギの越冬 ゴイサギ

2016-12-08 (Thu) 07:02

10月まで時々見かけたアオサギ、ゴイサギを見かけなくなったということを先週のブログ記事( 空堀川・居ましたアオサギ )に書いていた。続けて今週、散歩で狭山橋まで足を延ばしたその日(6日)、ゴイサギを見た、いるんだゴイサギ!

そこで、改めてネットで調べてみると、ササゴイ、アマサギ、チュウサギは日本に4月頃渡来する夏鳥で、冬には南方に渡去するが、ゴイサギ、コサギ、ダイサギ、アオサギは1年中日本に生息する留鳥であるとなっていた、納得。この4種類のサギ、確かに12月の空堀川で目にした。

このゴイサギ、この時カメラで捉えた後、飛んだところを見かけないのに、姿を見失った。この近く、木の上以外にも冬ねぐらを持っているのだろうか。

ゴイサギ161206ダイサギ161128
空堀川・狭山橋近くのゴイサギ161206(左)と最近見かけたダイサギ161128(右)

この散歩の帰路、高木ふれあい橋の近辺でカルガモの群をいくつか撮った。と思っていたが、帰宅後、撮った画像をよくみると、カルガモだけではなかった。もうひとつの群はコガモの群だったようだ。カモの見分けが間違っていたら、ご指摘いただきたい。カモ類の判別は種類が多く難しい。

高木ふれあい橋近辺でのカルガモの群161206
カルガモの群161206カルガモ161206
コガモの群161206コガモ161206
高木ふれあい橋近辺でのコガモの群161206


こうなるとカモといえども、朝の散歩で、今後はもっとしっかりと見てみることにしよう。最近は近場(空堀川)での話題・記事が増えてきている。

関連記事

最終更新日 : 2016-12-08

Comments







非公開コメント