fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 2趣味& › くせがなく飲みやすい

くせがなく飲みやすい

2012-10-03 (Wed) 05:33

焼酎(趣味の話、9/23)の続き、
減圧蒸留と表示されている米焼酎を味わってみた。(銘柄、秩父さけ焼酎 だんべえ 25度)ほどよい米の香りとクセのない軽やかな味を感じさせる。

この焼酎、説明書きには「新しいタイプのさけ」、米の旨味が詰まったさけ焼酎とある。ロックで味わったが、水割り、お湯割り、ストレート、いろいろな飲み方ができそうだ。

単式蒸留方式の中でも伝統的な常圧蒸留と減圧蒸留とがあり、この減圧蒸留は比較的近年登場した製法だ。クセの強い豊かな風味の蒸留液を得る常圧蒸留に対し、雑未成分の少ない蒸留液を生む。

気圧が低い場所でお湯を沸かすと、通常よりも低い温度で沸騰する。この原理を利用して行うのが減圧蒸留で、常圧蒸留よりも低い沸点で気化したものを液化できる。ネットで調べると例えば、常圧蒸留で醪(もろみ)は90℃程度で沸騰するが、蒸留器内を真空にして気圧を下げると沸点が下がり、50℃ぐらいで醪(もろみ)を沸騰させることができるとある。

減圧蒸留での焼酎が造られたことにより、焼酎は臭いとか、芋に抵抗感を感じる向きにもファンを増やし、焼酎ブームに拍車をかけるきっかけをつくったともいえそうだ。

追伸、ポリシーは焼酎を定価で入手!
 薩摩銘酒館のサイト:http://www.synapse.ne.jp/s-meishukan/nvs/smk000.htm
 洗練されたホームページサイトではないが、誠実な店主(杉元商店)さんが運営しています 
 「定価で焼酎買いましょう」と言う運動を続けています
 依頼すると、毎月、メルマガタイプの情報をメールで届けてくれます

関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント