fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 2趣味& › 生活を豊かにする4

生活を豊かにする4

2012-09-23 (Sun) 05:30

焼酎(趣味の話、8/28)の続き、
甲類焼酎と乙類焼酎。焼酎は造る蒸留法の違いによって大きく二つに分けられる。甲類焼酎は連続式蒸留機、乙類焼酎は単式蒸留器によって造られる。連続式は明治時代に誕生した製法で、単式は昔ながらの伝統の製法となっている。

「連続蒸留」の甲類焼酎は低コストで大量生産できるが、蒸留を繰り返すため原料の風味が失われる。サワーや酎ハイに用いられ、それだけで味わうことは少ない。原料の臭みがなく洗練された味ということから、焼酎の第二(1980年代)の波以降、若者たちにチューハイのファンを増やした。ホワイトリカーとも呼ばれ、他にもお湯割り、カクテル、果実酒、薬用酒と楽しみ方も広がる。

「単式蒸留」の乙類焼酎は原料のもつオリジナルの風味や香りを強く残し、焼酎のうまみが活き、銘柄ごとに違う味わいがある。醸造元によって味わいが異なるのが魅力のひとつで、ロックや水割り、お湯割り、個人の趣向に合わせて味わえるのがいい。今、ブームになっているのはこの乙類焼酎だ。乙というイメージを払拭するため、本格焼酎と呼ぶ。焼酎を集めて、それを選びながら愉しんで飲む、ということまで私がはじめたのは第三の波(2000年代半ば)以降だ。

今、人気が高く入手困難なプレミアム焼酎の代表格は森伊蔵。その森伊蔵、地道な努力が実り今月、1.8ℓサイズを入手した。今回は日本橋高島屋店頭の抽選販売に応募したものだ。森伊蔵の甘味のあるきめ細やかな味わい、息子(長男や次男)たちとの焼酎談義に、また話題が増えた。焼酎は生活を豊かにする。

追伸、ポリシーは焼酎を定価で入手!
 人気の森伊蔵について: 入手方法を解説する森伊蔵の特集サイト

高島屋店頭の抽選応募結果
抽選結果

今回入手した森伊蔵(真ん中)
森伊蔵のセット
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント