fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 2地域へ参加・ある街で › まちなかサロンでカラオケも

まちなかサロンでカラオケも

2016-08-24 (Wed) 07:00

社会人大学時の仲間と立ち上げたRSAC(通称アールサック)のことは、当ブログでも何回か紹介した。①地域支援活動、②シニア・ライフ研究活動、③生き甲斐づくり活動の3つが柱。それぞれ活動(事業)毎のリーダーを中心に2年目の活動が進められている。

地域支援活動のひとつ、地域の憩いの場づくり「まちなかサロン・コスモス畑」の近況を前回の記事( 師走の話題・まちなかサロン )に続いて、お知らせです。昨年の8月からスタートした「麻雀」は大変に好評でサロンの目玉となって定着した。

毎月第二・第四の水曜午後の開催で、常時、10名から15名が集う、おしゃべりの後に、絵手紙か麻雀組に分かれ、最後の30分は合唱タイムとなる。ピアノの伴奏も時折入るが、最近は参加者が持ち込んでくれたマイクカラオケも利用される。

まちなかサロン開催中
まちなかサロン開催中の幟(幟は社会福祉協議会からの支給品)

地域から参加されるシニアは約10名(内、男性2人)、皆さん後期高齢以降の方々だ。麻雀しながら、あるいは絵手紙の筆を運びながら皆さん楽しくおしゃべりをされる。軌道に乗ったまちなかサロン・コスモス畑、地域の皆さんへのお役に立てているようだ。今日(24日)はひと月前に予告した麻雀大会が開かれる。

まちなかサロン1まちなかサロン2
まちなかサロンの様子(麻雀を終えて、左)と(合唱タイムはカラオケを使って、右)


中野区社協の進める「まちなかサロン」の活動は区内37か所で運営されているが、こちら東大和市の社協でも、「なごやかサロン」の名称で、市内29か所でのサロンが運営されている。


関連記事

最終更新日 : 2016-08-24

Comments







非公開コメント