FC2ブログ
Top Page › 地域情報 › 1まちかど・東大和 › アップル曲がり角とPCデポ

アップル曲がり角とPCデポ

2016-05-20 (Fri) 07:13

木曜日(19日)、iPad の付属品(Lightningケーブル)購入でPCデポ(PC DEPOT、新青梅街道沿いの中央三丁目)に立ち寄る。平日の昼とあって、店内にいる買い物客はシニアが多い。

お客は商品を物色するというよりもテーブルを囲んで相談(商談?)したり、ソファに座って何かを待っている感じ。PCデポが商品・製品販売からサービスをワンストップで提供する「スマートライフパートナー化」というビジネスモデル転換を進めていることが伝わってくる。

カメラやプリンターのインク等の商品や周辺機器の詰まった棚は全て壁側と店の奥に、展示するPCの台数もそれほど多くない。フロアの中央は家電量販店では見られないレイアウトで、Apple Store と似ている。

PCデポの店内現在のPCデポの外観
スマートライフパートナーのPCデポ店内と現在のPCデポの外観

受け取ったレジのレシートにも、「パソコン無料点検 実施中、他店購入品もご遠慮なくお持ち下さい」となっていた。ターゲットは主婦やシニア向けのサービスなのだろう。

タブレット「iPad」の販売減少が続き、Mac製品や2桁以上の伸びが当たり前だったスマホ「iPhone」の販売減少が起っているアップルでもソフト・サービス化の動きが。先日(4/28付け)の日経記事に紹介されていた。

世界で稼働する累計10億台のアップル端末に流す音楽やソフトを中心とするコンテンツ・サービスは、この1~3月期にはパソコンを抜き売上高全体の約12%を占める第2の事業となり、利益率はハードより高い。

アプリ販売市場「アップストア」の売上高は過去最高を更新し、競合の米グーグルの倍の規模となり、スマホなどのデータを保存するクラウドサービス「iCloud」や決済サービスも大きく成長していると。東大和のPCデポでの動きもこのアップルのソフト・サービス化の動きと同じだ。

アップルの事業シフト
アップルの事業シフト(日経4/28付け記事より)


関連記事

最終更新日 : 2016-05-21

Comments







非公開コメント

PCデポ

前に1度、PCデポの投稿記事をみて、直ぐさま出掛け、業態が変わったと感じ取りました。アップルもやや業績に陰りが。それでも大昔の当時は本当に持ち切れるかと。巨人IBM時代は。それも今は様変わりでハードからソフトとネットへと。我々のどっとネットはコンテンツかな。
2016-05-22-03:27 東大和y
[ 返信 ]

Re: PCデポ

世の中にある業態のサービス化には目を見張るものがあります。日本において、Amazon がこんなに成長するなんてことは十数年前には想像できませんでした。Junpei
2016-05-22-07:03 Junpei
[ 返信 ]