FC2ブログ
Top Page › コミュニティ › 6コミュニティetc › 東京駅100年スイカ427万枚

東京駅100年スイカ427万枚

2016-05-12 (Thu) 05:50

日経夕刊(5/09付)に「東京駅100年スイカ427万枚」の記事が載った。記憶から既に忘れさられていたかも知れない話題が復活。

このブログでも昨年11月の記事( 東京駅開業100周年記念Suica )に取り上げていた。100周年当日の2014年12月20日、東京駅のみでの発売で希望者が殺到して大混乱となり、結局は希望者全員への販売に変更していたもの。

ただし、カード購入の方法はネットまたは郵送での事前申し込みが必要となっていて、その申し込み枚数が約500万枚に達していた。夕刊記事によると、予約(入金)のあった全ての希望者への発送を今年の3月までに終え最終的な販売枚数は約427万6千枚だったとのことだ。

東京駅開業100周年記念Sica
東京駅開業100周年記念Suica

当初の限定販売・記念スイカの1万5千枚が、427万枚に!凄い見込み違いと売り上げ増と思ったが、送料はJR東日本側の負担で、製造費人件費などを含めた経費に約45億円かかったとなっている。

また、カードは1枚2千円だが1500円分がチャージされ、残る500円分はカードと引き換えに返金するデポジット(預かり金)。さらにカードは使用されて初めてJRの売り上げになるため、記念スイカの販売が伸びても直ちに利益にはならないという。

それでも、この記念スイカの「販売」で経費の倍近い85億円以上がJRに振り込まれたことは確かだ。記念スイカ発売の企画はやはり成功したといえるのだろう。因みにこのカード、ネットオークションでは台紙付きで、3千円~5千円で売られている。

関連記事

最終更新日 : 2016-05-12

Comments







非公開コメント