fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 6コミュニティetc › さくら女子中学校に運動靴

さくら女子中学校に運動靴

2016-05-08 (Sun) 07:39

先月のブログ記事( 頼れる拠点・JICA東京 )で、タンザニアの「さくら女子中学校」が1月に開校したことを紹介した。

このほど、その「さくら女子中学校」に日本からの運動靴が届いた。支援をしていただいている畑恵さんが理事長を務める作新学院の「アフリカ1万足プロジェクト」の一環、その運動靴がいち早くタンザニアに届いたものだ。

「アフリカ1万足プロジェクト」は、靴が履けないアフリカの子どもたちに、日本で廃棄処分となった運動靴を集めて贈ろう、と始められた作新学院の生徒たちによる足かけ3年の遠大なプロジェクト。昨年の11月までに1万4,705足を集めたという。

日本から届いた運動靴 靴を履いてはにかむ生徒たち
届いた運動靴(左)と靴を履いてはにかむ生徒たち(右)

「さくら女子中学校」は日本からのODAと民間からの寄付により作られた全寮制の中学校で、キリマンジャロを臨むアルーシャ州パンガタ村にある。支援団体は、日本の一般社団法人「キリマンジャロの会」(岩男壽美子代表)。

開校したとはいっても様々な障害や問題を抱えつつ現地派遣の先生方の奮闘は続いている。微力ながら「キリマンジャロの会」の一員として、後方支援のお手伝いを続けていくことになる。

さくら女子中学校の生徒たち
タンザニアのさくら女子中学校の生徒たち


関連記事

最終更新日 : 2016-05-08

Comments







非公開コメント