fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 4パソコン・ネット › 減少続くパソコン出荷台数

減少続くパソコン出荷台数

2016-04-14 (Thu) 06:35

昨年(2015年)通年での世界のパソコンの出荷台数は2億7622万台で、前年比10.4%減だった。(米調査会社IDC、2016/01/13)

この1月のニュースは2008年以来、はじめて3億台を切ったということと大手(5社)のパソコンメーカーの中で出荷が増えたのは Apple だけということが話題だった。今週(11日)、同じく米調査会社IDCが今年1~3月期の世界のパソコン出荷台数を発表した。

前年同期比11.5%減の6,058万4,000台。昨年のマイクロソフト Windows 10 発表に伴う買い替え需要が伸び悩み、事前予想を下回ったとのことだ(日経夕刊記事、4/12付)。が、これはタブレット登場の2012年以来連続しての減少で、今後もこの傾向が続くことになる。

2015世界PCシェアランキング
2015世界PCシェアランキング(IDC調査、2016/01/13)

因みに日本国内の昨年の出荷台数は前年比31.9%減の1,016万5,000台とさらに低迷している。Windows XP機入れ替え特需の反動や円安による部品代等の原価上昇がパソコン本体価格の値上げにつながったことがその理由となっている。

上の表は世界のパソコンメーカーシェアの状況で Apple の健闘が目立つ。また、日本のメーカーシェアはNECレノボがシェア27.1%で首位、2位富士通、3位東芝、そしてHPが4位と順位を一つ上げ、以下デル、シェアを伸ばすアップルと続く。

関連記事

最終更新日 : 2016-04-14

Comments







非公開コメント