fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 2趣味& › 焼酎の山猿で語らう

焼酎の山猿で語らう

2016-04-12 (Tue) 09:43

先週、飯能に住む次男夫婦が我が家に。早々と夕食を済ませ、当夜の語らいの友に選んだのは「麦焼酎の山猿」(やまさる)。山猿は宮崎の尾鈴山蒸留所の産。まろやかな麦の香りがして舌触りがなめらか、コクの深さを感じさせる味わいのある美味い焼酎だ。

尾鈴山蒸留所は麦焼酎「百年の孤独」で知られた黒木本店の別蔵として平成10年に創設されている。他にも「芋焼酎の山ねこ」や「米焼酎の山翡翠(やませみ)」を造っていて、いづれもラベルの画が版画によるもので、絵本の表紙のようなかわいらしさのあるデザインが特徴だ。次の語らいの時には、山ねこにしてみよう。

尾鈴山蒸留所の麦焼酎山猿(やまさる)
尾鈴山蒸留所の麦焼酎山猿(やまさる)

2月の東京マラソンを走った次男、今度は5月のアクアスロン大会(熱海)に出場するという。アクアスロンはスイム(1.5km)とランニング(10km)。これに自転車が加わるとトライアスロンとなる。それも目指しそうな勢いだ。

焼酎の山猿、通販のアマゾンではプレミアム価格となっているが、いつもの横須賀定期便(日曜)で立ち寄った大型スーパーでも売られていて、今回はここで山猿の補充をしておいた。

芋焼酎の山ねこ山ねこと山せみ
横須賀大型スーパーでの山猿と山ねこ・山翡翠(やませみ)


関連記事

最終更新日 : 2016-04-12

Comments







非公開コメント