fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 3生涯学習& › 今年の観光ガイド養成講座

今年の観光ガイド養成講座

2016-03-23 (Wed) 06:31

2月と3月の土曜の終日二日間、H27年度の観光ボランティアガイド養成講座が開催された。

この講座には昨年も参加しているが、地域にある歴史、文化、自然などの観光資源について知識を深め、東大和の魅力を広める観光ボランティアガイドの養成を目的として、当市での4年目となる講座となっている。

第1回の2月27日(土)は、「東大和で見られる野鳥」について(講師:小川雅義氏)。第2回の3月12日(土)は、「動きを始めよう」まち歩き(講師:安島喜一氏)。いづれも午前中は座学(講義)で、午後からまち歩き(実地)での学習となっていた。

観光ボランティア養成講座教材モノレール上北台駅
観光ボランティアガイド養成講座の教材(左)とモノレール終点の上北台駅から北を臨む(右)

第1回の「東大和で見られる野鳥」での午後の講師に同行しての観察(バードウォッチング)は空堀川と狭山緑地。
あらかじめ用意してもらった、この時期に見られる約50種ほどの野鳥のリストの中から、20種ほどの野鳥に出会うことができた。もちろん、カワセミにも!

 講師小川雅義さんの野鳥を紹介するホームページ:
  MASA' HOMEPAGE http://www.masaoga.com/

第2回の「動きを始めよう」まち歩きでは、改めて東大和市の観光についてを考える講義とまち歩き。
市民が健康を保ち、東大和市を知り、愛着を持ち、ふるさととし、交流し合い、他から人を招くための有力な手段として、「まち歩き」の重要性を午前中に。午後からは新たな「まち歩き」コースを設定しようと、上北台公民館を出発点とする蔵敷・芋窪コースを歩く。(下の画像)

まちあるきコース設定資料
新たな「まちあるきコース設定資料」


冒頭の右側画像は後日、コース中のモノレール終点の上北台駅の車中から狭山緑地方向(北)を撮ったもの。終点で途切れる
レールが少し左に曲がって切れている、何故だ...。

関連記事

最終更新日 : 2016-03-23

Comments







非公開コメント