fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 5農園 › 農業体験農園とは

農業体験農園とは

2016-02-16 (Tue) 07:03

先日(2/12)の新聞折り込みチラシに農業体験農園(やすじぃの農園)の入園者募集があった。先週の新区画での作業の折りに、数区画のみ残っているとの話を聞いてはいたのだが。やはり、農業体験農園の利用者は圧倒的に継続者が多いようだ。

よく質問される農業体験農園と市民農園の違いが全国農業体験農園協会のHP に、こう紹介されている。
①市民農園:地方自治体や農業協同組合、農地所有の農業者自らが開設する農地を借りて行う家庭菜園。
②農業体験農園:農家が開設・運営する農園で、「農作物を直接、1年を通して、全量買ってしまう契約栽培」。
農業体験農園は、これまでの①の課題を総合的に解決するタイプの農園としてスタートしていた。

農業体験農園入園者募集
農業体験農園入園者の募集チラシ

その他にも調べてみると、
・「やすじぃの農園」を含めた農業体験農園は、「農地を区画貸しする一般の市民農園とは異なり、農地所有者等が自ら経営する農業の一環として、都市住民等に連続した農作業体験を行ってもらうもので、経営の主体が農地所有者等の農業経営者にあることが明確な消費者参加型の農園」となっている。

・消費者の安全・安心で、しかも新鮮な美味しい野菜を食べたいという要望と、一方、そのような野菜作りには多くの手間がかかることから、それならお互いに納得できるような農作業を一緒にやってみよう。これが農業体験農園の基本にある。

・農業体験農園の特徴:( 全国体験農園協会のホームページ より)
①園主が講習会などを通じて入園者の指導にあたる
②作付けする種類や作業などを細かく説明、指導する
③入園者は高品質の農産物が収穫できる
④「都市住民・消費者に対する農業の啓発」も入園者に対して直接行える
⑤農業・農地の持つ機能と役割を最大限に発揮した「新しい農業経営」

農業体験農園を1年間経験して、プロの農家から播種、苗の植え付けから栽培管理、収穫までを教わる、いわば農業のカルチャースクールの要素もあり、加えて、園主や仲間との交流もあり大いに楽しませてもらっている。お薦めである。

関連記事

最終更新日 : 2016-02-16

Comments







非公開コメント

とってもよくわかります

 どこかで書こうと思っていたのですが、実践者が書くのが一番と控えていました。これですっきりしました。
 35キロ圏の都市農業はその重要性が説かれながら存在が危ぶまれ、農地は貴重な都市空間になりました。今後、どのように守るのかは、地域の智恵と意欲にかかっているようで、その一つの強力な存在として心から拍手です!!
2016-02-16-07:48 野火止用水
[ 返信 ]

Re: とってもよくわかります

コメント、ありがとうございます。昨年、入園時の契約書を読んだ時に初めて農業体験農園の仕組みが理解できました。「農園入園料」と「農園農産物代金」を分けて支払う形になっていました。2~3年前のデータですが、東京都には市民農園が478農園、農業体験農園は90農園が開設されているとのことです。Junpei
2016-02-16-09:25 Junpei
[ 返信 ]