fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 2まちかど・ある街で › 鹿児島、今話題のひとつ

鹿児島、今話題のひとつ

2016-02-02 (Tue) 07:00

昨年の6月以来、半年振りの鹿児島に「帰省」。鹿児島市内の妹夫婦宅で生活する今年92歳になる母への顔見せが目的で、今回は横浜に住む末の妹夫婦も一緒となった。

昨年は何回かの入退院を繰り返し、それ以降リハビリ中で今は車いす生活となってしまっている母ではある。やっとひと月ほど前から食事もしっかり取れるようになり、近所のデイケアサービスに元気に通っている。

1月31日、合間をみて、末の妹夫婦と3人で指宿・知覧方面に足を延ばした。帰路の指宿スカイライン、錦江台展望公園からは錦江湾越しに「静かな桜島」が見えた。桜島は9月半ば以降、爆発的噴火のない状態が続いていて、記録的な長さになってきたとのこと。

静かな桜島錦江台展望公園
静かな桜島(左)とつばきの森の橋(錦江台展望公園)

鹿児島地方気象台によると、爆発的噴火は昨年3月に月間178回と観測史上最多を記録したが、7月以降は激減。9月16日の737回目を最後に観測されていない。小規模な噴石の飛散はあるものの、火山ガスの噴出量などは減っているという。

昭和火口が噴火活動を再開した06年以降で爆発的噴火がなかった期間としては、08年7月29日から09年1月31日までの187日間が最長。次いで08年2月7日から4月7日までの61日間となっていた。同気象台によると、地下のマグマの供給は続いていて、今後も爆発に注意が必要だという。下のデータは、鹿児島地方気象台火山班のWebサイトより転載。

桜島の月別噴火回数
桜島の月別噴火回数


関連記事

最終更新日 : 2022-03-20

Comments







非公開コメント