fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 3生涯学習& › 公民館研究大会に参加

公民館研究大会に参加

2015-11-16 (Mon) 06:30

今年の6月から上北台公民館の「利用者連絡会議」、そして東大和市の「公民館運営審議会」に名を連ねて加わることになった。そのことは6月のブログ記事( 公民館活動のこと )にも書いた。

その活動の一環で先日(14日)、小平市民文化会館(ルネこだいら)での第56回関東甲信越静公民館研究大会に参加。公民館の職員さんや公運審委員、さらには多くの社会教育関係者が一同に集まる、今回の大会の掲げるテーマは「公民館 その新たな可能性」となっていた。

それを探り、そして考える「基調講演とそれに続く午後からのシンポジウム」は公民館活動に携わる人たちへの研修として相応しい、練られた内容となっていた。

小平での公民館研究大会公民館研究大会の会場
公民館研究大会の案内チラシ(左)とルネこだいら・会場の様子(右)

基調講演テーマは神戸大学・末本誠名誉教授による「持続可能な社会づくりと公民館」というもの。公民館の新しい可能性を「持続可能な社会づくり」という新たな課題との関係で投げかけるもの。「持続可能な社会づくり」とは、元々、地球レベルで人類が抱える最も重要な取り組みだ。

北極のオゾン層の破壊を食い止めるために地球の環境を守る。そのために、二酸化炭素の排出削減活動に各国が取り組むことになった。そんな一歩も二歩も高い目線で公民館の位置づけを整理してみたら...。

さらに、その取り組みや枠組みのアプローチを使って公民館の役割を見直してみようという大変に示唆に富んだ講演内容で、さらにシンポジウムは3人のシンポジストも加わって、その「公民館の新たな役割」の具体的な解への道やヒントを一緒に考えるという企画になっていた。

久々に、参加してよい刺激を受けたといえる研修ではあった。さぁ、次の取り組み(公民館活動)にどう生かすか...。

関連記事

最終更新日 : 2015-11-24

Comments







非公開コメント