fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 4少子高齢化とシニア › 耕作放棄地への取組み

耕作放棄地への取組み

2012-08-22 (Wed) 05:53

先日の新聞に農地の「耕作放棄地」が増えているという記事が載っていた。農家による放棄は減っているが、農家ではない親族が農地を相続した後に手つかずになる面積が増えているとか、当市ではあまり話題にならないが。

神奈川県伊勢原市に住む友人のK君は早くから地域のこの問題に取組み、会社を早期定年退職した後の2006年にNPO法人を立ち上げた。その活動はシニアの積極的な地域貢献につながっている。

彼が6年前に立ち上げたNPOは、特定非営利活動(NPO)法人 ファームパーク湘南だ。野菜作りを通じた農業普及、新規就農者の支援、援農ボランティアの育成、農業ヘルパー受託等、...NPOをつくった狙いはいろいろあるが、地域の農地を価値あるものとして存続させ、食料供給、農業活性化支援、環境保全に繋げている。

ホームページのスケジュール欄をみると、NPOの活動が軌道に乗っていることがわかる。自らの志を持って、新たな視点で地域活動に貢献する元気なシニアだ。

NPOでの世代交代も進めつつ、自らも農作業に精を出す。時々、ご相伴にあずかる無農薬野菜の味は格別だ。本当に味が違う!

関連記事

最終更新日 : 2015-12-31

Comments







非公開コメント

生産緑地に元気を呼び込もう!!

 都市農業の衰退問題、後継者問題、税問題、農産物価格の問題・・・全部問題を付けましたが、一向に新しい動きが出ない。
 その中で、ファームパーク湘南は清々しい。きっと多くの難題を抱えているでしょうが、乗り越えて下さい。狭山丘陵周辺の生産緑地にも新風が欲しい。
2012-08-23-13:36 野火止用水
[ 返信 ]

Re: 生産緑地に元気を

ご指摘ありがとうございます。記事を書いていて単に「耕作放棄地」は結果であって、日本の農業問題が絡んでいるな、とは思っていました。激励のコメント、K君に伝えます。
2012-08-23-22:09 空堀川
[ 返信 ]