FC2ブログ
Top Page › コミュニティ › 6コミュニティetc › ネットがもたらす流通業の大量閉店時代

ネットがもたらす流通業の大量閉店時代

2015-05-30 (Sat) 06:39

以前にもこのブログ記事で「ネット通販の拡大」について触れた。ネットの革命がさらに進行している。一昨日(5/28)の同タイトルの日経新聞社説から。

郊外や地方の道路沿いに大型店を構え、大量仕入れと安値販売を軸に成長したあのヤマダ電機が約50の店を閉店する。不採算店を整理し経営体質を強化するのが狙いとなっている。これ以外にも、今年に入り大手流通業で大量閉店が相次いでいる。

共通するのはインターネットの影響。店を持たないネット通販会社による安値攻勢、住民の高齢化、若者の車離れ、さらに店で商品を選び、その場でスマホなどを通じて安くネットで...。

家電市場での日本のネット通販の占める割合は2014年に10%を超えた。米国では既に25%に達し、そして今年、家電量販2位の企業の経営破綻の一因になったとも書かれている。

もはや書店だけの話でもない、家電業界だけの話でもない。ネットが世の中の暮らしとビジネスモデルを確実に変えてきている!

日経新聞社説0528
日経新聞朝刊社説キリヌキ(5/28付)

関連記事

最終更新日 : 2015-05-30

Comments







非公開コメント