fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 1旅と歩き › 重文・高知城

重文・高知城

2014-11-01 (Sat) 20:31

木造の天守が残る全国12城の中のひとつ、南海の名城高知城を訪ねる。高知城は国指定重要文化財となっている。

高知城は関ヶ原の合戦で戦功を挙げ、土佐の領主となった山内一豊が創建した。明治6年に発布された廃城令や、第二次大戦による空襲を逃れ、天守・御殿・追手門など15棟の建造物が現存し、国の重要文化財に指定されている。高知市の中心にある典型的な平山城。

12城は、高知城、弘前城、松本城、彦根城、丸岡城、犬山城、松江城、姫路城、備中松山城、松山城、宇和島城、丸亀城となっている。

追手門からの高知城
高知城天守閣・追手門から

3日間の観光ツアーの初日は高知空港から桂浜に。桂浜は高知県を代表する景勝地のひとつ。弓状に広がる海岸で、背後に茂り合う松の緑と、海浜の五色の小砂利、紺碧の海が箱庭のように調和する。

坂本龍馬像をみて、桂浜を散策。その後、市内に出て昼食を済ませ、高知城を目指す。途中ではりまや橋に。

桂浜  はりまやばし
桂浜             はりまやばし


高知城を見物した後、この日の宿泊地宇和島に向かう。四万十川を辿りながら途中、半家(はげ)の沈下橋に立ち寄る。四万十川は、高知県の西部を流れる一級河川。全長196km、四国内で最長の川で、本流に大規模なダムが建設されていないことから日本最後の清流、また長良川等とともに「日本三大清流のひとつ」と呼ばれている。

沈下橋  浜鍋
半家(はげ)沈下橋           宇和島で浜鍋

関連記事

最終更新日 : 2018-07-16

Comments







非公開コメント

四国は面白いところですねー、30数年前に行きましたが、三昔前ですから随分と変わっていることでしょう、浜鍋なんてたべてみたいですねー・・。
2014-11-03-21:28 さやまのサヤちゃん
[ 返信 ]

Re: タイトルなし

今回の旅は宇和島出身者が計画してくれて、おかげで大満足のグルメ旅となりました。Junpei
2014-11-04-00:27 Junpei
[ 返信 ]