fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 3生涯学習& › 研修ツアー・トピックスNo.4

研修ツアー・トピックスNo.4

2014-09-28 (Sun) 07:16

9月初旬の研修ツアーから、次のトピックスは、ロンドンの鉄道とカンタベリー。

自由行動日を利用してロンドンから郊外のカンタベリーまで、鉄道発祥の国イギリスのローカル列車の旅を楽しんだ。ヴィクトリア駅からカンタベリー・イースト駅まで約2時間。乗ってしまえば簡単だが、乗るまでが一苦労、はらはらどきどき...。

発車時刻が迫っているのに広いヴィクトリア駅構内、切符売り場の窓口が見つからない。やっと駅員を見つけて駅構内の近くにあった券売機で慌ただしく切符の購入を済ませる。駅が広い割に駅員の数が少ない。

ヴィクトリア駅の構内  カンタベリー・イースト駅
ヴィクトリア駅ホーム   到着駅カンタベリー・イースト

郊外からの朝の通勤客とは逆方向となる旅。ボックス席が確保でき、到着してからの作戦タイムと、車窓を楽しむ。

ローカル列車の車内で  券売機で購入の乗車券
ボックス席(テーブルが大きい)  往復の切符£31.4(ポンド)


中世の面影が残るイギリス国教会の聖地、カンタベリー。カンタベリーでは世界遺産・カンタベリー大聖堂と街めぐり、遅めの昼にアフタヌーン・ティを体験。その後、これも世界遺産のセント・アウグスティヌス修道院跡をまわる。他にも...。


カンタベリー大聖堂  アーチ型の天井が美しい祭壇
世界遺産・カンタベリー大聖堂 天井が美しい祭壇


セント・アウグスティヌス修道院跡  廃墟の中にみえる修道院の祭壇
セント・アウグスティヌス修道院跡 廃墟の中に見える修道院の祭壇


二人分のアフタヌーンティ  Tiny Tim's Tearoom
このボリューム・アフタヌーンティ  お昼はこんな食事処で

関連記事

最終更新日 : 2014-09-29

Comments







非公開コメント