fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 1旅と歩き › ふくしま会津ツアー3

ふくしま会津ツアー3

2014-08-27 (Wed) 05:31

会津ツアーの3日目(22日)、会津若松の市内観光の続き。午前中にいよいよ鶴ヶ城を見学、帰路は会津若松駅から鬼怒川温泉に抜け、そこから東武鉄道を利用して浅草へのルートとなった。

鶴ヶ城は今から約630年ほど前に築城、戊辰戦争では約1ヶ月に及ぶ激しい攻防戦にも耐えた天下の名城。明治7年に取り壊されたが、昭和40年に再建、平成13年には天守閣に続く建物「干飯櫓・南走長屋」が江戸時代の工法・技術を用いて復元された。天守閣の内部は郷土博物館となっていて会津の歴史にたっぷり触れることができる。

平成23年には赤瓦へのふき替えが完了し幕末当時の姿を再現、現存する天守閣では国内唯一の赤瓦の天守閣となっている。帰り際に iPad で撮った鶴ヶ城、真っ青な夏空に赤い瓦と白い壁、緑の芝生、絵葉書にあるようなショットとなった。

鶴ヶ城天守閣
真っ青な夏空の下の鶴ヶ城

前日の飯盛山から撮った鶴ヶ城方面の写真、白虎隊の面々も見たであろうシーンだ、もちろん、マンション群はなかった。(左下)  反対に鶴ヶ城の天守閣から見た飯盛山方面のシーン。(右下)

飯盛山から望む鶴ヶ城  鶴ヶ城から飯盛山を望む
飯盛山から望む鶴ヶ城方向    鶴ヶ城天守閣から飯盛山を


鶴ヶ城館内は土産売り場だけでなく、観客が参加して遊べるような様々な趣向を凝らしている。これもそのひとつ、CG映像が流れ、それを見て立ち止まると観客を捉えた画像が、立体画像の如く組み合わされて映る。鶴ヶ城攻防戦のシーンだ。(左下) 「八重の桜」の時代にタイムスリップ。

今回、会津ツアーで活躍したのは既報の「会津ぐるっとカード」、2日間の電車とバスがフリーになるだけでなく、会津エリアのそこかしこ(200か所以上)で利用できる割引・特典ガイドも付いている。右下の写真は、「会津ぐるっとカード」とカードについてくる利用パンフレット。

CG映像・鶴ヶ城攻防戦     会津ぐるっとカード
CG映像・鶴ヶ城攻防戦に参加 会津ぐるっとカードとパンフレット


会津若松からの帰路、 AIZU マウントエクスプレス を利用した。この列車は会津若松駅 - 鬼怒川温泉駅間をJR東日本只見線・会津線・野岩鉄道会津鬼怒川線・東武鬼怒川線を乗り換えなしで走る。(1日3往復運行) この地方の季節をたっぷり感じさせ、秋にまた乗ってみたいと思わせる列車だ。

天候に恵まれ、会津の歴史に触れ、会津の人(ふくしま)の気質に触れた3日間で、今回の旅の案内人の仲間の二人にも感謝。ネットによると福島県人(女性)の気質は、こんな風に書かれている、「地味で粘り強いタイプが多い。保守的で郷土愛も強いが、見かけより女性っぽく、人付き合いを大切にし、愛想もいい。」なるほど。

この年代で、今とこれからを心おきなく語り合える仲間、このメンバーとの交流がこれからも続くことになりそうだ。
関連記事

最終更新日 : 2018-07-16

Comments







非公開コメント