fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 3生涯学習& › 修了式デー

修了式デー

2014-03-24 (Mon) 06:38

22日(土)午後、昨年の6月にスタートした市民大学の修了式が。5つの公民館で、それぞれ所定(5分の4以上)の講座を修了した10数名の人たちが東大和市長から修了証を授与される。今一歩の人たちには修了式後に履修証が。8月の夏休みを挟んでの10ヶ月、皆、よく頑張った。

修了式に入る前の最終講座は、4グループに分かれてのグループワークの発表。2月の講義でユニバーサルデザインのことを学び、その後2週かけて、グループ(インスタントシニア、車いす、学童等)に分かれ、それぞれの立場で上北台公民館をリサーチする、そして改善点などをあらかじめまとめていたものだ。

グループワークの成果(改善点の発表)もさることならが、市民大学に参加した受講生がひとつの目標や課題に向かって意見交換をしながら、アウトプットのまとめを一緒に作っていく、そのプロセスが好評だったようだ。

市民大学修了式  ワークショップ発表
市民大学の修了式           グループワークの発表  
(画像はボカシてます)

市民大学の修了式に先立つ午前は、昨年の4月に入学した都内の社会人カレッジでの修了式に。この社会人カレッジは1年目で終える人たちもいるが、初年度の本科を修了した半数以上が専攻科に進む。4月から、いよいよ2年目だ。

都内の社会人カレッジの修了式
社会人カレッジ修了式(開始前の風景)

この社会人カレッジ、単に市民に大学を開放するというものではなく、シニアが集い、人と人や地域や社会との様々なネットワークをつくりながら、多様な社会参加の担い手として踏み出す、そのためのシニアの「学び直し」と「再チャレンジ」をサポートする学びの場となっている。このカレッジ、4月からは7年目を迎える。

関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント