fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 1まちかど・東大和 › 進歩した南武線

進歩した南武線

2014-03-18 (Tue) 08:19

日曜日、立川駅から久々に南武線を利用して武蔵小杉まで。立川駅のホームに出ると、以前利用していた頃にはなかった「快速」の表示が。

調べると、2011年3月のダイヤ改正から日中に1時間あたり2本が運行されている。立川から武蔵小杉までの19駅の3駅(宿河原、久地、津田山)がスキップされ、さらにこの3月15日のダイヤ改正で、快速運転区間が拡大され、矢野口駅と中野島駅が通過駅となっている。

今回の改正で、立川・川崎間の26駅でみると所要時間57分が、計9駅をスキップすることで47分となった。あの南武線が大変な進歩だ!

南武線快速
立川駅で快速の表示!
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

南武線は元は「絹の道」だから、ナイロンや化繊に押されて進歩は止まっていたのです。八王子には遊郭もあった。
2014-03-18-09:29 老人
[ 返信 ]

先程の話は、横浜線のことでした。トチリました。
2014-03-18-09:32 老人
[ 返信 ]

Re: タイトルなし

「絹の道」昔聞いたことがあるような。南武線は砂利鉄道が発祥だそうです。Junpei
2014-03-18-22:55 Junpei
[ 返信 ]

Re: タイトルなし

訪問、ありがとうございます。Junpei
2014-03-18-22:56 Junpei
[ 返信 ]

47分とは驚き

 鎌倉へ行くのに、よく使いましたが、何せ時間がかかり困りものでした。これだけ短縮されると、乗ってみようかと思います。 野火止用水 
2014-03-19-08:26 野火止用水
[ 返信 ]

Re: 47分とは驚き

以前、通勤で南武線の始発・終点の立川・川崎間を利用していました。ずっと、「1時間」でした。47分は大きな進歩ですね。鈍行ばかりで進歩のない南武線と言われていましたので。Junpei
2014-03-20-18:59 Junpei
[ 返信 ]