FC2ブログ
Top Page › シニアライフ › 2趣味& › 面倒だから、しよう

面倒だから、しよう

2014-01-24 (Fri) 07:27

「面倒だから、よそう」があたり前なのに、おかしな日本語のタイトル。著者はあのノートルダム清心学園理事長 渡辺和子さんで、昨年末に出された本だ。

ていねいに生きる(1章)、幸せは、自分が決める(2章)、私が歩んで来た道(3章)、相手の気持ちを考える(4章)の章だてで、エッセー風、少し自分史風に、読む人に伝えたいメッセージが短い言葉でわかりやすく綴られている。

それでいて、説教じみてはいない親しさを感じさせる。こんなに優れた感動するメッセージを発信する人にも、こんなに弱い自分があったのかと、...。著者はあの226事件で射殺された渡辺錠太郎教育総監(陸軍大将)の次女で、当時、9歳だった彼女は至近距離から父の死を見届けたということも(3章)。

帯に「しようか、どうしようかと迷ってもいい。でも、そこで、自分の怠け心と闘った時に、初めて、本当の美しさ、自分らしさが生まれてくるのだと思う」とある。

とても小さなと思える出来ごとの中に、愛をこめて生きることの大切さを説く。感動する心を持って生きることの大切さを考えさせてくれる一冊だ。


面倒だから、しよう面倒だから、しよう
(2013/12/19)
渡辺 和子

商品詳細を見る
関連記事

最終更新日 : 2018-07-16

Comments







非公開コメント

そうですねー、「面倒だから しよう」と言う「気」には、ちょっと難しいですねー、特に疲れている時などは・・。若いと無理も利きますが・・。そこで奮い立つのがダンカイ世代でしょうか・・?
2014-01-24-10:21 さやまのサヤちゃん
[ 返信 * 編集 ]

Re: タイトルなし

目を引くタイトルではありますね。一気に読める、久々に心が洗われる書でした。Junpei
2014-01-24-14:27 Junpei
[ 返信 ]