FC2ブログ
Top Page › コミュニティ › 3生涯学習& › 立花隆の講演会

立花隆の講演会

2013-12-24 (Tue) 07:00

立花隆の講演会(12/21)があった。氏は今月、このタイトルの「伝説の授業」を完全書籍化した「自分史の書き方」を出版している。 
 
講演のタイトルが、「自分史の書き方の誕生」ということもあって、当時のその授業に参加していた生徒たちシニアも大勢会場に来ていて、講演の合間に何人ものOBが紹介されていた。ネームバリューもあり、300人以上は入れる会場も立ち見が出るほどで、NHK取材班も来ていた。

自分史の書き方自分史の書き方
(2013/12/06)
立花 隆

商品詳細を見る
   


伝説といわれた立花隆の授業は2008年から数年間開かれていたとのことだった。パワーポイントを使わないかたちでの講演の最後は、「自分史を書く意味とは」という内容で締めくくられた。
1.自分史は人生の見直し
2.「これまでの自分史、これからの自分史」 いま人生の何時頃?
3.すべての人生は、失敗に満ち満ちているが...
4.巨視的に見れば、自分史はファミリーから生まれてファミリーに戻る「人間家族(DNAグループ)の員」
5.人生はあやまりの連続、人生は発見の連続

立花隆
立花隆の講演会場(12/21)

参考:関連サイト立花隆の自分史倶楽部
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

私も自己流の自分史を書いています、「自分史を書く意味・・」の内容の半分があっているように思います、私の一番の目的は、「こんなジジイがいたんだよ・・」と二・三世代後の者に伝えること、それと戦後の貧しい中での生き様を伝えること、これが出来ればまーいいか、と思っています。
本を買って見たいと思います。
2013-12-25-08:53 さやまのサヤちゃん
[ 返信 ]

Re: タイトルなし

ありがとうございます。「自分史を書く」は自分にとっても興味があるテーマです。Junpei
2013-12-25-13:03 Junpei
[ 返信 ]

市民ネットでのいつも熱心なご指導ありがとうございます。
私の自分史は「手習いさん&手習いのブログ」と思っています。
クラウドコンピューティングで永久保存ですものね。
2013-12-26-17:24 手習いさん
[ 返信 ]

Re: タイトルなし

こちらこそ、沢山教わることを楽しみにしています。確かにブログは永久保存ですね。Junpei
2013-12-26-23:31 Junpei
[ 返信 ]