fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 1まちかど・東大和 › 東大和市の北と南

東大和市の北と南

2013-10-31 (Thu) 07:08

今年参加している東大和市の市民大学はスタートしたばかりの初年度だが、既に半分近くの講座が終わった。

先日の南街公民館での講座では「東大和市の総合計画」や「公共施設の適正化」について学ぶという内容だった、質疑応答タイムに、「東大和市を新青梅街道で北と南に切った場合、人口比はどんなものか」そんな質問があった。

手持ちの資料だけで詳しい回答は...ということで、翌週(26日)に市の担当者の方から丁寧な補足回答があった。北側対南側の人口比はおよそ、1:2 となっていた。(下に添付)

東大和市の南北の人口
東大和市の南北の人口比(南街公民館での資料より)
 

市民大学はその後、「東大和グリーンカレッジ」の愛称も決まり、中央公民館、狭山公民館でのそれぞれ5講座を終え、現在は南街公民館での講座に移っている。それを終えると、残りは蔵敷公民館と上北台公民館となる。

今年は、それぞれの公民館毎にテーマを割振り、そのテーマに沿った講座が開かれている。開催は土曜の2時~4時で、来年の3月まで続く。
 ・中央公民館歴史・文化
 ・狭山公民館  趣味・教養
 ・南街公民館  社会・生活
 ・蔵敷公民館  自然
 ・上北台公民館 健康・福祉

先日(23日)は市民大学の受講者や企画委員等(公民館毎の)に声がかかり、今後の運営に向けた意見交換会も開かれた。市民大学がスタートし、走りながらではあるがゆくゆくの運営に生かしていくとの趣旨だった。

他市に比べ遅まきとなった感のある東大和市の市民大学だが、まずは一歩一歩ということだろう。
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

市民に溶け込み定着くさせるために

 これまでの講座に出てみて、各公民館の独自色がみられ、今後が楽しみです。高齢者にとって全部参加は若干苦痛の感じがします。反面、参加が抽選方式でしたので、落選した市民は一講座も聴けなかったことになります。
 参加する項目を選んで、少しでも多くの市民が参加できる機会を用意するなど工夫も必要と思います。
 しばらくは試行錯誤の時代、見守りたいと思います。  野火止用水
2013-11-01-09:04 野火止用水
[ 返信 ]

Re: 市民に溶け込み定着くさせるために

既に11月、今年の市民大学の運営から出てきた声の多くは2年後の運営に生かされていくとのことでした。並行して、当市の「市民大学のあり方」も議論されていくようです。 Junpei
2013-11-01-10:27 Junpei
[ 返信 ]

市民主導型自然発生のところもあります。

東京雑学大学、吉祥寺村立雑学大学、神田雑学大学のように、市民主導になるといいですね。「公設民営」で、ときどき公民館との共催もある、というカタチから出発して。いずれも、ホームページを活用していますね。東大和市も「学びネット」が、核になるかも。
2013-11-05-08:50 Mumbler
[ 返信 * 編集 ]

Re: 市民主導型自然発生のところもあります。

ありがとうございます。従来から続いている公民館講座とこれから定着していく「市民大学」は何が違うのかなど分かりやすくしていく必要もあると思っています。Junpei
2013-11-05-13:52 Junpei
[ 返信 ]