fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 1旅と歩き › 晩夏の道東 1

晩夏の道東 1

2013-09-17 (Tue) 07:00

秋の声も聞こえてきそうな9月の第二週、道東エリアを周るツアーに参加した。

初日、釧路空港から摩周湖、そして知床半島(泊)に。二日目、知床(ウトロ温泉)から野付半島を周り屈斜路湖畔(泊)。三日目、根室エリアに出て帰路は釧路(泊)。そして最終日は釧路湿原巡り。

景色はどこも雄大!ゆったり日程、のんびり観光で少しはカミさん孝行になったか。備忘録代わりにgoogleをもとに作ったマップと画像を2~3回に分けて紹介しよう。

道東マップ
道東 今回の概略ルートマップ
(クリックで拡大)

初日:
摩周湖
晴れた!  周囲19.8kmのカルデラ湖 摩周湖第一展望台から
右奥が摩周岳(東岸、857m) 中央はカムイシュ島(240m)の頂上部

ハマナス
道東のそこここで見られるハマナスの花

遠音別川 サケの遡上
遠音別(おんねべつ)川 鮭の遡上
知床国道沿いを走るバスの車窓から偶然見えた! 流石、世界遺産・知床

知床五湖
知床五湖のうちの一湖(便宜的に一湖、二湖と呼ばれている)
パークセンターから一湖の近くの展望台まで、約800mの高架木道(左奥)が続く
高架木道はヒグマに登られないよう高さも2~4mあり、電気柵が備えられている

キャンプ場の鹿
野生?人を見ても悠然としている鹿
ウトロ海岸の夕陽を見に出たホテル近くのキャンプ場で鹿の親子連れに出くわす


2日目:
海からの知床半島
二日目の朝、海(知床観光船)からの知床半島(全長約60km)西側、
断崖絶壁の海岸線と知床連山、上方はガスっていて羅臼岳の山頂は見えない

野付半島近くのアザラシ
午後、知床峠を越え尾岱沼(おだいとう)港から船で野付半島のトドワラに向かう
途中、野付湾にアザラシの群れが現れる!

原生花園の花  トドワラの遊歩道  原生花園の鹿
左:野付半島(原生花園)の草花、花の名前が出て来ない...
中:トドワラ(海水の浸水と潮風によって、トドマツが立ち枯れたもの) の木道で
右:原生花園に突然顔を出した野生の鹿

野付半島案内板

野付半島は全長26キロメートル、日本最大の砂嘴(さし=海上に長く突き出た地形)。トドワラやナラワラといった自然や霧にかすむ打瀬舟の風景で知られる。四季を追いかける天然のお花畑が見もの。 (道東の後半の続きはまた別途)

関連記事

最終更新日 : 2018-07-16

Comments







非公開コメント

面白いコースですね

 昔者にはとても新鮮です。大体、釧路~根室~知床~網走と回る順序が決まっていましたから。だから、画像の並びからオヤ、あれってスイッチの入れ直しです。
 続きを楽しみにしています。許すなら、1日ごとにお願いします。
  野火止用水 
2013-09-18-08:50 野火止用水
[ 返信 ]

Re: 面白いコースですね

コメントありがとうございます。次回は少し短めに(分けて)してアップしてみます。
2013-09-18-15:32 Junpei
[ 返信 ]