fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 3生涯学習& › 話題-家族や地域のきずな

話題-家族や地域のきずな

2013-07-19 (Fri) 06:33

家族や地域のあり方を考える...、身のまわりで起こった体験談を集め「きずなずくり大賞2013」として表彰する、そんな活動がある。

社会福祉法人東京都社会福祉協議会が主催しているもので、昨年までは「家族力大賞」という名称だった。昨年の「家族力大賞'12」の入選集(小冊子)を読む機会があった。

入選集には15ほどの作品が登場していて、それぞれ書かれた人の思い、共感、連帯感が読む人に伝わってきて、確かに家族や地域の新しい関係を築くための多くのヒントにはなる。去年の作品集 (PDF版)はホームページからも読むことができる。

きずな12
家族力大賞'12の入選集

夫の転勤で東京に引っ越して孤立した子育てに陥った母親が、地域の自主保育グループに出会い、自らも子育てグループで活動するようになった...昨年の東京都知事賞に選ばれた作品はそんな内容だった。

思いやりは練習しないと身につかない、経験がないと身につかない、そして経験させるのは家族だと思う...。車中での女の子の、よそのぐずる赤ちゃんをアヤス情景を書いた「車中の天使」、大きな賞には選ばれなかったがいい話だ。

この「きずなづくり大賞」、東京だけでなく地域の信用組合等も協力して、いろいろな地域で行われているようだ。東京のきずなずくり大賞2013 の応募は、7月1日から9月23日までとなっている。
関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント