fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 6カワセミ › 空堀川 寒中の野鳥たち

空堀川 寒中の野鳥たち

2024-01-08 (Mon) 05:46

暦の上では「小寒(しょうかん)」(6日)、この日を「寒の入り(かんのいり)」という。「立春」(2月4日)の前日までの約30日間を「寒(かん)」または「寒中」「寒の内」ともいい、これから「大寒」に向かい、さらに寒さが厳しくなっていく。

日曜(7日)の朝7時過ぎ、前日から遊びに来ていた孫と一緒に散歩に出る、もちろん空堀川、カメラを手に持って。自宅から下流の方向に約500~600m、河原のそこここで野鳥の姿をみた。空堀川の寒中の野鳥を紹介しよう。

いつものカワセミだけでなく、キセキレイ、セグロセキレイ、コサギ、それに、イソシギも。

空堀川の野鳥240107
空堀川の野鳥・キセキレイ240107

下はイソシギ。全長20cm、頭から背、翼の上面は緑褐色で、胸の脇は灰褐色。喉、腹は白色。翼をたたんだ時の翼角に白が食い込んで見え、よく目立つ。脚は緑黄色、歩くときに腰を上下に振るので、その行動で判る。

空堀川の野鳥・イソシギ240107
空堀川の野鳥・イソシギ240107


空堀川の野鳥・コサギ・カルガモ240107
空堀川の野鳥・コサギ・カルガモ240107

下は、順に時計回りに、コサギ、セグロセキレイ、イソシギ、キセキレイ。

空堀川の野鳥240107
空堀川の野鳥240107

最後に、やはりカワセミを。丁度、木陰で獲物を咥えたところを撮ることができた。

空堀川の野鳥・カワセミ240107
空堀川の野鳥・カワセミ240107


空堀川の野鳥240107
空堀川の野鳥・ムクドリ・チュウダイサギ240107

関連記事
[Tag] * 東大和市 * カワセミ

最終更新日 : 2024-01-08

Comments







非公開コメント