fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 1地域への参加・東大和 › TOKYOスマホサポーター制度

TOKYOスマホサポーター制度

2023-12-27 (Wed) 15:53

以前のブログ記事( スマホサポーターと地域活動 )で、地域のデジタル化には、地域のシニアの応援が不可欠ということを書いた。スマホを使い、その便利さを知る人が不慣れな人に寄り添い、困りごとの解決に一緒になって取り組む..。

東京都のTOKYOスマホサポーター制度は、この一連の活動を身近な地域での支え合いに繋げる取組となっている。どっとネットの会でも早速これを活かし、会の活動の場を広げ、また最新のスマホ操作の学び直し等に利用している。

既にTOKYOスマホサポーターの取得者も8名、日々のスマホサロン活動、スマホ講座(公民館)の開催につなげている。さて、

TOKYOスマホサポーター制度のシンボルマーク
TOKYOスマホサポーター制度のシンボルマーク



このほど公開された東大和市のDXプラン(案)の中には、デジタルデバイド対策として、このTOKYOスマホサポーターの取得促進とスマートフォン体験会(講座)の開催が大きく盛り込まれている。(現在、市民の意見を募集するパブリックコメントを実施中)

パソコンで育った世代も、パソコンに触れずにきた人たちにも、もはやスマホの操作が生活に不可欠な能力「読み書きそろばん=スマートフォン」という時代となった。東大和市の市役所職員も、市民も、官民挙げての取組みが始まりそう(?)だ。

TOKYOスマホサポーターのオンライン研修
TOKYOスマホサポーターに必要なオンライン研修(最短300分)


今日(27日)のどっとネットの会の定例会でも、東大和市DXプラン(案)の内容確認とTOKYOスマホサポーターの取得促進が話題となった。さて、残りの会員の何人がTOKYOスマホサポーターの取得にたどり着くことになるだろうか、注目!

どっとネットの会の定例会231227
定例会(会場参加が半分、Zoom参加が半分)231227


TOKYOスマホサポーター制度の説明とオンライン研修の開始は、下のサイトへのメールアドレス登録からスタートする。
こちらから、👉 TOKYOスマホサポーター

関連記事

最終更新日 : 2023-12-28

Comments







非公開コメント