fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 1地域への参加・東大和 › 公民館で活動することの意味

公民館で活動することの意味

2023-12-07 (Thu) 05:39

公民館は市民の学習・文化活動や様々な地域活動の拠点として多くのサークル・団体に利用されている。その公民館の運営を円滑に進めるため、さらには利用するグループ間の交流を図るため、市内5つの館毎に利用者連絡会(利用連)がある。

利用連を通して利用グループの枠を超えたつながりと広がりをつくり、利用者自身が「公民館を利用して活動することの意味」を絶えず確認する場となっている。市内には利用連への参加団体が減り、役員の成り手がなく「利用連休業」となった公民館もあるという。

上北台公民館では、利用連の毎月の定例会が昨日(6日)開催された。

今月の話題では、11月に開催されたグループ学習交流会(バス旅行)の振り返り、今月開催の「上北台公民館 展示・発表会」や1月に計画されている「利用連の新年交流会」の準備状況、次回発信予定の「利用連ニュース」等、があった。因みに、「展示・発表会」は公民館と利用連の共催となっている。

どの公民館もここ数年、利用連への加入グループが減っているという。利用グループの高齢化、コロナ禍の影響、他にも様々な理由があるようだ。時代が個人の考えを尊重し互いの干渉を避ける社会であり、強制力のあるつながりや強固な人間関係を求めようとすると距離をおいたり参加を拒んだりする人が少なくないということも背景にある。

加えて、公民館には社会教育施設として人々の自由で主体的な学びを支えるという基本から、組織や団体への強制的な加入や動員は避けなければならない..との考えもある。成熟社会における公民館のあり方や存在意義の見直しがそれぞれに問われている。


関連記事

最終更新日 : 2023-12-07

Comments







非公開コメント