fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 1地域への参加・東大和 › 歩く葛飾柴又と松戸市戸定邸

歩く葛飾柴又と松戸市戸定邸

2023-09-02 (Sat) 18:04

ブログ記事( 上北台公民館利用者連絡会、今 )に続く、公民館利用者連絡会(利用連)の話。毎月の利用連・役員会では利用グループ間の交流を深めるイベント企画について話し合われることが多い、今は、秋(11月)の「グループ学習交流会」が控える。

今回は、葛飾柴又の帝釈天とそこから近い場所にある戸定邸を訪ねる、が企画に上がった。戸定邸は徳川家の最後の将軍・徳川慶喜の弟・徳川昭武が持っていた別邸で、明治17年から明治43年に亡くなるまで暮らした屋敷。今は松戸市が管理している。

そこで、今日(2日)はその「グループ学習交流会」の下見が計画され、有志3名が上北台公民館を8時に出発。

グループ学習交流会の下見・葛飾柴又230902
グループ学習交流会下見・葛飾柴又230902

グループ学習交流会下見・葛飾柴又230902
グループ学習交流会下見。葛飾柴又230902

さて、今日の下見を基に近々、グループ学習交流会の案内が出されることになる。開催日は11月11日、粛々と準備が進む。当日のグループ学習交流会は公民館に手配してもらうバス仕立てとなる。

利用連の活動は、「公民館を利用して活動することの意味」を絶えず確認する場となる。今の企画内容をもうひと工夫する必要があるかも知れない。下見を終えて16時に帰宅。それにしても今日の下見は暑かった!

グループ学習交流会下見・戸定歴史館230902
グループ学習交流会下見・松戸市戸定歴史館230902


関連記事

最終更新日 : 2023-09-03

Comments







非公開コメント