fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 1旅と歩き › バス旅行の下呂温泉、高山に

バス旅行の下呂温泉、高山に

2023-02-07 (Tue) 23:50

草津、有馬と並ぶ日本3名泉の下呂温泉。その岐阜県下呂に1泊のバス旅行、月曜(6日)の朝、立川から向かった。無色透明でほんのりとした湯の香りとなめらかな肌ざわり、疲労回復への効果から「健康の湯」といわれ、確かに身体の大変温まる湯ではあった。

立川(7時)から談合坂SA-諏訪湖のSAへ。途中、昼食で恵那峡に立ち寄り、中津川市加子母(かしも)の芝居小屋・明治座と地蔵寺にも。下呂温泉のホテル到着は16時過ぎ。バスの実乗車時間だけでも約5時間半、東京からは少し遠い場所ではある。

宿泊先のホテルも温泉街からは遠い場所(2.5km)にあり、温泉には行ったが下呂温泉街は通過しただけの旅となった。

下呂温泉・かしも明治座230206
往路のメイン観光スポット・かしも明治座230206


下呂温泉往路230206
下呂温泉への往路マップ230206

翌日(7日)の朝、宿泊先のホテルから下呂温泉街を通過して、観光スポットの高山に。何度目かの高山ではあったが、陣屋、朝市、旧い街並を散策する、想像していた以上に外人客が多いのに驚いた。

高山の陣屋230207
高山の陣屋230207

江戸時代のお役所『高山陣屋』、その時代(元禄5年、1692年)、徳川幕府は飛騨を幕府直轄領として以降、代官・郡代は江戸から派遣されて行政・財政・警察などの管理を行う。復元修理も経て、全国に唯一現存する郡代・代官所となっている。

高山の旧いまち並230207
高山の旧いまち並230207


下呂温泉帰路230207
下呂温泉からの帰路のマップ230207

初日は快晴、2日目は曇り、天気にも恵まれ、息抜き(?)の一泊バス旅行となった。弾丸的な旅ではあったが、下呂温泉、高山は確かに東京からは遠い地ではある。高山経由の帰路も実乗車時間だけで約6時間半、長旅バス旅行となった。

関連記事
[Tag] * 旅行 * 家族

最終更新日 : 2023-02-09

Comments







非公開コメント