fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 1旅と歩き › 東京スカイツリーと豊洲市場

東京スカイツリーと豊洲市場

2022-09-14 (Wed) 06:43

開業して10年が経つ東京スカイツリー(竣工は2012年2月)、2018年に築地から移転オープンした豊洲市場、これをセットで周る「はとバスツアー」に参加(9/12)。ツアーはついでに浅草散策もついていて、それで、歩いた距離が1万7千歩!

ツアーは東京駅丸の内南口を9時20分に出発、まずは豊洲市場を見学(水産卸売場棟と水産仲卸売場棟を中心に見学90分)、昼食を済ませて、東京スカイツリー(見学70分)へ。展望デッキ(地上350m)とオプションでさらにその上の展望回廊(地上450m)も。

最後に浅草観音と仲見世散策の60分が加わり、東京駅丸の内南口での解散が16時40分となった。

東京スカイツリー220912
はとバスツアー・東京スカイツリー220912


コロナ禍以来、久々の東京駅丸の内は新鮮な印象。写真の数が多くなるので、拠点毎のギャラリー風にまとめて、紹介しよう。まずは出発地の東京駅丸の内の記録から。

東京駅丸の内南口出発220912
はとバス・東京駅丸の内南口出発220912

江東区の豊洲市場はコロナ禍のため2022年1月以降、一般見学を中止していたが4月25日から再開。朝の競りの終わっている水産卸売場の棟をひたすら歩き、隣の水産仲卸売場棟へ移動、飲食エリア、物販エリアを周る。ついでに、広大な緑化広場になっていた屋上も歩く。

はとバスツアー・豊洲市場220912
はとバス・豊洲市場220912

スカイツリーには「展望デッキ(350m)」と「展望回廊(450m)」の2つの展望台があり、展望デッキはツアー料金内。展望回廊は希望者のみが追加料金(\1,000)でチケットを購入する。確かに、圧倒的なこの高さ、他には飛行機からでしか見れないだろう。

隣接する300以上の店舗の商業施設「東京ソラマチ」や「すみだ水族館」は時間の関係で周れなかった。別の機会に来て見ることになる。

はとバス・東京スカイツリー220912
はとバス・東京スカイツリー220912

何度も来たことのある浅草仲見世、カミさんはグルメの買い物(いもようかんとメロンパン)に追われていた。

はとバス。浅草観音と仲見世220912
はとバス・浅草観音と仲見世220912

効率よく観光ポイントを見て周れるはとバスツアー、今回の「豊洲市場と東京スカイツリー」は昼食代込みで¥8,500 となっていた。お勧めのコースといえるだろう。

関連記事

最終更新日 : 2022-09-15

Comments







非公開コメント