fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 1まちかど・東大和 › 改善!WiFiネットワーク環境

改善!WiFiネットワーク環境

2022-08-21 (Sun) 12:20

1~2か月前から、自宅でビデオ会議のZoomを使っていて、「時々声が途切れるよ!」と指摘されることが増えてきた。何とかしなければと、選んだのはWiFi中継機の設置策。早速、TP-Link WiFi中継機 RE330をアマゾンで購入した。

「かんたん設定ガイド」から、専用スマホアプリ「Tether」の案内に従って、設定を完了。新しく追加された拡張ネットワーク( SSIDの後に「_EXT」が追加される )にWiFiを接続することで治ったはず。そこで、改善の確証を得るべくいろいろ検証してみた。

その「改善」は、アイ・オーの無料アプリ「Wi-Fiミレル」で確認することができた!

アプリ・WiFiミレルと電波測定1
スマホアプリ・Wi-Fiミレルと電波測定1

スマホアプリ「Wi-Fiミレル」は、目に見えないWi-Fi電波状況を色や数値とグラフで「見える化」してくれる。Wi-Fiのスピードが遅かったり、途切れたりする状況を分かりやすく可視化!確かにWi-Fi中継機の増設時やWi-Fiルーターの買い替え時には欠かせないアプリだ。

上の画像は正常時の電波測定。下の画像は、異常時のWiFi電波の強度と速度を計測したもの。十数秒から数十秒間隔で異常状態となることが分かった。要するにこれが「Wi-Fiの途切れ状態」を示すということのようだ。
・電波強度:接続しているWi-Fi(SSID)の電波強度を0~100の数値で表示し、
 数字が大きいほど、電波状態がよい。
・速度測定:インターネットのダウンロード、アップロードの速度と、Wi-Fiの
ネットワーク速度を表示し、数字が小さいほど遅く、大きいほど快適であることを示す。

電波測定での異常時 (左・強度と右・速度)
スマホアプリ・Wi-Fiミレルでの電波測定、異常時(左・強度、右・速度)


下の画像はWi-Fi中継機RE330を設置後に追加されたネットワークのHUMAX-F0C1B-A_EXTに接続して、Wi-Fi電波の強度と速度を計測したもの。電波強度の数値が常に緑色の範囲で動くことが確認でき、一件落着となった!

Wi-Fi中継機RE330設置後の強度と速度の測定
中継機設置後のネットワークに接続してアプリで強度と速度を測定


さて、結論の検証結果から先に説明してしまったが、解決したのはWi-Fi中継機を設置したこと。ということで、その中継機のことも説明しておこう。わが家のWi-FiルーターはJCOMのモデムHUMAXで2階に設置されている。

Wi-Fi中継機の設置(左)と設置場所確認画面(右)
Wi-Fi中継機RE330の設置とアプリTetherでの設置場所確認画面


中継機の”TP-Link RE330”をアマゾンで購入(¥2,660)し、1階廊下のコンセントに設置した。わが家のネットワークには、2.4GHzと5GHzの2つがあるが、今まで不安定で使えなかったハイスピードの5GHzも問題なく使えるようになった。

Wi-FiアプリTether(左)と設定完了画面(右)
Wi-Fi中継機の設定アプリTether(左)と設定完了画面(右)


WiFi中継機により、電波の届き難かった場所でもネットが繋がるようになった。そういえば、カミさんもスマホのLINE会話で声が途切れることがあるというのを聞いたことがある。わが家は鉄筋構造、そういう点ではもっと早く中継機を検討すべきだったのかも知れない。今回は長文記事となりました、ご容赦!

関連記事

最終更新日 : 2022-08-21

Comments







非公開コメント

私はバッファローの中継器

私も中継器を付けてます。
ルータ本体から10m弱の出来るだけ本体との間に障害物が少ない場所に。
中継器から有線も使用して、スイッチングHUBを通してテレビやネットワーク機能の着いたDVDプレーヤーを接続してます。
これで寝室のテレビで、今のメインテレビの過去録番組や録画番組が観れてすこぶる便利です。
2022-08-25-08:34 boriki
[ 返信 ]

Junpei

Re: 私はバッファローの中継器

本格的なネットワークで、充実していますね。わが家はネットワークの規模も小さく、パソコンx2、タブレットx1、スマホx2、テレビx2、それにプリンターくらいですので、全て無線です。今回を機に、もう少し見直してみようと思っています。Junpei
2022-08-25-17:45 Junpei
[ 返信 ]