fc2ブログ
Top Page › シニアライフ › 2趣味& › 晩酌の適量

晩酌の適量

2013-04-24 (Wed) 08:43

夕食タイムが7時半から8時ということで定まってきた。会社勤めをしていた頃に比べ、健康的(?)な生活が続くためか食欲の秋を過ぎて以降も食事が美味い。晩酌の所為もあるかも知れない。体重増が心配。

普段の晩酌は「健康的」と自負するビール・発泡酒の350ml缶がひとつだ。土曜と日曜はこのビールの後に、焼酎が1~2杯加わることになる。

こんなペースなので焼酎の720ml瓶がひと月半からふた月はもつことになる。今、焼酎はいただきものの米焼酎・秩父浪漫、飲みやすい米のまろやかさがある。

晩酌
発泡酒の金麦と米焼酎の秩父浪漫

今年の直近の焼酎はもちろん芋で、伊佐大泉(いさだいせん、大山酒造)と初めて飲んだ相良兵六。どちらも白麹仕込みだ。

焼酎1
伊佐大泉(いさだいせん)と相良兵六

晩酌の適量はどの程度かという議論がある。アルコールの摂取量は個人差があるが、一日ではおよそ20mlが適量と言われているので、アルコール分25%の焼酎とアルコール分5%のビールで簡単な換算してみると。下の表のようになる、二十年来続けている普段の晩酌はほぼ適量の範囲ということになる。これからも自己管理が大事だ。

種類

アルコール%

計算式

一日の適量(ml)

ストレート/ロック
(焼酎)

25

20÷0.25

80


0.45合程度

ビール・発泡酒

5

20÷0.05

400


350ml(1)


関連記事

最終更新日 : -0001-11-30

Comments







非公開コメント

1升酒が2㎝の焼酎に

 c型肝炎を患ったとき、周囲の誰もが酒の故とすり替えられる程、仲間と一緒の時には呑んだらしい。それが、今はコップの底に2㎝ほどの焼酎のお湯割り。たまに1合5勺の日本酒でダウン。
 それでも、夕食前の天下一品。お酒は良いですね。
2013-04-25-08:39 野火止用水
[ 返信 ]

Re: 1升酒が2㎝の焼酎に

一升酒とは凄い!今はビールや焼酎も食事と一緒に呑るようになりました。元々それほどアルコールには強くない性質(DNA)のようで、家でのビールの350ml缶でも、十分(?)酔えます。一滴も飲めない(うちのカミさん)というのは、「生きているのにもったいない」と思っています。
2013-04-25-11:26 Junpei
[ 返信 ]