fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 6カワセミ › 二度目の営巣は失敗

二度目の営巣は失敗

2022-07-22 (Fri) 06:52

コロナ第7波の東京、昨日(21日)は3万人超え、全国でも18万人超え。感染力の高いオミクロンBA.5、特色は、ワクチンを打っていても、コロナにかかったことがあっても感染することだという。が、既に米国NYKでは症状が軽いか無症状といケースも多く、対策はほぼ無視状態だという。

ブログ記事( 君はNewパートナーなのか )から、その後の空堀川のカワセミ情報を少し。数日前から、オスの動きに異変。同じ縄張りにいるので、分かれてはいないようだが全く巣づくりに協力しなくなった。時々巣に入るのはメスのみ。

何があったのだろうか、当分、二番子の期待はなくなった。

営巣失敗220721
二度目の営巣に失敗、カワセミのメス220721

河川の護岸整備工事が終わって巣穴の真上の遊歩道も開通し、人の往来が多くなったので、巣づくりを諦めたのではという見方をする見守り隊のお仲間もいるが、どうなのだろうか。

巣穴の前でカワセミのメス220721
巣穴の前でカワセミのメス220721


営巣失敗、カワセミのメス220721
朝は活発に動くカワセミのメス220721

この観察ポイント、最近は餌の魚も豊富になり、時々別のカワセミのメスがやってきて、カワセミのペアと3羽で飛び交っていることもある。この日(21日)は、幼鳥のオスがやって来た。日差しも射すようになると、緑、青と構造色のカワセミの羽の色が映える。

遊びに来たオスの幼鳥220721
遊びに来たオスの幼鳥220721


オスの幼鳥220721
日差しに反応する構造色のカワセミ220721


カワセミの幼鳥、オス220721
水源の傍で幼鳥のオス220721

2年前にも近くの観察ポイントで、その年3回目の営巣中だったのが放棄されたことがあった。その内に、またカワセミの新たな動きを報告しよう。

関連記事
[Tag] * 東大和市 * 空堀川 * カワセミ

最終更新日 : 2022-07-22

Comments







非公開コメント