fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 6カワセミ › ツバメの給餌タイムと陣取り

ツバメの給餌タイムと陣取り

2022-06-10 (Fri) 08:57

土曜日( 4日)に巣立ちを終えたカワセミの幼鳥5羽、観察エリアでは例年のようには姿を見せてくれない。それぞれの隠れ家で順調に成長しているのだろう。観察エリア近くの橋の下を幼鳥の1羽が隠れ家にしているようでもあり、時々姿を見せる。

その観察エリアで、同じく巣立ちを終えたツバメが大挙(?)して姿を見せている。あそこに1羽、ここに2羽と親鳥の給餌するシーンを見ていたら、対岸の止まり木に5羽が並んだ。親から餌をもらうには先端の位置が有利とあって、「押しくらまんじゅう」をやっていた。

今回は、賑やかで微笑ましいツバメの給餌の様子を動画も含めてお届けしよう。今朝(10日)のカワセミの様子も少し。

ツバメの給餌4羽220609
ツバメの給餌4羽並んで220609

ツバメの給餌4羽220609
給餌のシーンでガブリンチョ1_220609


確実な餌渡しをするためか、1羽、2羽の給餌では、親が幼鳥の口の中に顔を突っこんでいた。そのガブリンチョ状態があちこちで見られた。ツバメ集団のこの賑やかなシーズンはいつまで続いてくれるのだろうか。

ツバメの給餌2羽220609
2羽並んでツバメの給餌220609

ツバメの給餌2羽220609
給餌のシーンでガブリンチョ2_220609


ツバメの給餌220609
幼鳥の1羽が餌を待つ220609


餌を待つツバメの幼鳥220609
給餌のシーンでガブリンチョ3_220609


ツバメの給餌と陣取り合戦

今朝(10日)、昨日ツバメが並んだ止まり木にカワセミの幼鳥がやって来た。幼鳥は胸と脚が黒っぽく、また嘴も短く、直ぐそれとわかる。暫く止まり木に留まった後、川面に飛び込んで器用に小エビを獲っていた。

カワセミの幼鳥220610
ツバメの並んだ止まり木の幼鳥220610

小エビを咥えた幼鳥220610
小エビを咥えた幼鳥220610


関連記事
[Tag] * 東大和市 * 空堀川 * ツバメ

最終更新日 : 2022-06-13

Comments







非公開コメント