fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 6カワセミ › 大きな目をした夏鳥コチドリ

大きな目をした夏鳥コチドリ

2022-05-11 (Wed) 15:44

立夏(5日)を迎えて空堀川のカワセミ見守り隊、卵が孵ると予想して、雨の朝以外はほぼ連日のカワセミ観察を続けているが。予想が外れて、殻出しなどの卵の孵った兆しは未だない。しびれを切らして、他の野鳥を観にポイントを離れるお仲間も多い。

ポイントに居残って、ジッと辛抱の観察を続けていると、毎朝、河原に夏鳥のコチドリがやってくる。頭と背・翼の上面は褐色味ある灰褐色、腹は白く、顔や胸に黒色部がある。目の周りの黄色いリングが特徴。脚は長めで、浅い水辺によく出入りする。

今朝もいくつかのカワセミ画像と共にお届けしよう。

空堀川のコチドリ220511
空堀川のコチドリ220511

空堀川のコチドリ220511
空堀川のコチドリ220511

空堀川のカワセミ220511
カワセミのオス220511

巣穴下の止まり木、今朝も何度目かの交替で、巣穴からメスが出てくるのを待つカワセミのオス(上の画像)。この後、直ぐに巣穴に入った。出ていったメスも暫くして巣穴近くに戻ってきた。そのメスが侵入者(カワセミ)を威嚇しているシーン。(下の画像)

空堀川のカワセミ220511
空堀川のカワセミ220511



関連記事
[Tag] * 東大和市 * 空堀川 * カワセミ

最終更新日 : 2022-05-11

Comments







非公開コメント