fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 6カワセミ › カワセミ 多難の産卵期

カワセミ 多難の産卵期

2022-03-28 (Mon) 15:10

春分を過ぎ早1週間、昨年の今ごろは営巣の場所も既に決まっていて、雌雄交代で巣穴に籠るシーンが何度か見られた。上流ポイントのカワセミのこと。日曜(27日)の早朝、その上流ポイントに行ってみて驚いた。整備工事の進行に合わせ(?)、小さな水路(川)が埋め立てられていた。

土日は森永さんの工場が休みのため放水量が少ない、とはいえ河原が100メートルくらいに渡って平らに。これでは、上流ポイントを目指す魚も上ってこれない、カワセミの生息場所としては危機的な状況、金曜日のことらしい。早く川らしい姿に戻してもらいたい。

この橋の近辺はカワセミペアが間違いなく生息域としていて、近くでカワセミの鳴き合う声も聞こえていた。

上流ポイントのカワセミ生息域220327
上流域のカワセミポイント

上流ポイントのカワセミ生息域220327_2
上流ポイントのカワセミ生息域220327

近辺を観察していると、近くでカワセミの鳴き合う声が聞こえていた。間違いなく、この橋辺りが棲息域になってはいるのだが、カワセミの産卵には巣穴が必要なのだ。巣穴の確保が急がれる。

上流ポイントのカワセミ・逆光220327
この朝の上流ポイントのカワセミ・逆光220327

観察中に近くに停まったカワセミ、逆光となってしまった。何としてもこの辺りに巣穴を確保したいのだろう。この日(日曜)は足を延ばしして四小辺りの観察ポイント、さらには下流域の東村山・浄水場辺りまで足を延ばしてみた。上橋辺りで、メスのカワセミが遊んでいるのを見かけた(下の画像)。

下流域のカワセミ・上橋近辺220327
空堀川・上橋近辺のカワセミ・メス220327

関連記事
[Tag] * 東大和市 * 空堀川 * カワセミ

最終更新日 : 2022-03-28

Comments







非公開コメント