fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 6カワセミ › カワセミ 一寸目を離したら

カワセミ 一寸目を離したら

2022-02-14 (Mon) 09:21

立春(2/04)から10日を過ぎた。東大和市の元旦の日の出タイムは6時52分、それが今は6時31分、このところ1分/日くらいの割で日がのびている。が、まだまだ寒く、今朝(14日)は雪!川面の魚影が薄く、近くの河原を縄張りとするカワセミ(オス)も苦戦が続く。

小さなエビはともかく、獲物となる魚を獲るシーンが少ない。ジーと川面を見つめる時間が長く、飛び込んで魚を捉えるシーンがなかなか...。土曜(12日)の午後、カメラを構えていても我慢がきかず、待ちきれずに目を離した隙にカワセミが獲物を獲った。(下の画像)

今朝(14日)の様子も入れたカワセミレポートをお送りしよう。土曜日の獲物を捉えた動画も一緒に。

空堀川のカワセミ・オス220212
一寸目を離した隙に獲物を捉えたカワセミ220212


一寸目を離した隙に魚を獲ったカワセミ・オス

最近の朝のプチ散歩では空振りになることがある。わが家の直ぐ裏手がカワセミの縄張りという地の利を生かし、夕方ににカメラを持って出てみることがある。カワセミに出遭えさえすれば、水温も上がっていて、朝の時間よりは動きの活発なカワセミがみられる。

夕方のカワセミ・オス220211
上の画像と同じ個体のカワセミのオス220211

雪の今朝(14日)も河原を覗いてみた。さすがに止まり木の上でジッ~と川面をみつめて、獲物を探しているカワセミをみると、その健気さに同情したくなる。春はもう直ぐ、暫くの辛抱だ。

雪の朝のカワセミ・オス220214
雪の朝(14日)、川面をみつめるカワセミ220214

このオスの縄張りから、300メートルほど上流を縄張りとしているカワセミのメスがいる。河川の整備工事中のエリアでもあり、採餌には苦労しているようだ。工事の完了が待たれるが、この整備工事、春の子育てシーズンには間に合わない。

上流地点のカワセミ・メス220209
上流地点を縄張りとするカワセミ・メス220209

ついでに、わが家の庭にやって来たヒヨドリの画像をお届けしよう。ここ数日で、わが家のセンリョウとマンリョウの実がすっかり無くなってしまった。

庭にやって来たヒヨドリ220206
センリョウの実を摘むヒヨドリ220206



関連記事
[Tag] * 東大和市 * カワセミ * 空堀川

最終更新日 : 2022-03-20

Comments







非公開コメント