fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 1地域への参加・東大和 › リモートでの地域活動と記録

リモートでの地域活動と記録

2022-02-10 (Thu) 11:39

先月のブログ記事( どっとネット2022スタート )で、東大和どっとネットの会の最近の様子を紹介した。昨日(9日)は東大和どっとネットの会の定例会(研究会)開催日、コロナ禍が続く中で、会場(公民館)で5名、リモート(自宅)から13名の計18名の参加があった。

Zoomを利用するオンライン併用開催は参加率向上もさることながら、ボタンひとつで記録動画を残すことができる。この機能を使うと、欠席者がいても、後からその内容を辿ることができ、また振り返りにも利用できる、大変に便利な機能なので、その紹介をしよう。

会合が終われば、1時間以内に記録動画のリンク先とパスコード(視聴のパスワード)が送られてくる。それを会員にメールで届けるだけでよい。

東大和どっとネットの研究会220209
東大和どっとネットの会・2月Zoom画面(研究会)


会の毎月の定例会活動は3回、主に第1週が「DOJO・道場」で会員相互の教えたり、教えられたりの勉強会。第2週は「研究会」で、分野別に研究タイムA~Cがある。そして、第4週は「運営会」で、編集会議タイムと役員会議タイムが予定される。

今回の研究タイムCは、ITにもブログにも詳しいKさんによる会員のブログサイトのクリニックの4回目。Zoomを利用することでリモートからでもサイトの管理画面に入って、かなり詳しい「指導タイム」とすることができる。

そして、研究タイムBは今年、会員のITリテラシー向上を目的にFさんの発案で取組む勉強会タイム、2月のテーマはSIMとスマホの契約について。この研究タイムBは主にYoutube 動画を視聴したりすることで、資料作成の負担を減らす工夫で取り組んでいる。(下の画像は今回の目次)

東大和どっとネットの会・2月の定例会(研究会)
東大和どっとネットの会・2月の定例会(研究会)


今回の研究会は約2時間で記録動画のサイズは約470MB、機能的には1GBまでの録画ができる。Zoomを利用して、地域活動がより円滑に前に進められるということ、そんなことも簡単にできる時代になった。

このコロナ禍はいつまで続くのだろうか、Zoomやその機能(記録)なども活用して、今は耐えるしかないか。

関連記事

最終更新日 : 2022-02-10

Comments







非公開コメント