fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 6カワセミ › 空堀川の野鳥 春の兆しは

空堀川の野鳥 春の兆しは

2022-02-06 (Sun) 10:08

先日のブログ記事( 春は未だか空堀川のカワセミ )で大寒に触れた。そして、次の暦の立春(5日)を迎えた。旧暦では、一年の始まりを立春からと考え、節分や八十八夜など、季節の節目の行事は立春を起点として定めている。

立春の空堀川、春の兆しは?ここ数日と今朝(6日)の散歩で見かけた野鳥の姿で、そんな春の兆しをお届けしよう。魚を咥えたアオサギ、桜の木の枝から川面を見つめるカワセミ、河原に降りたハクセキレイ、セグロセキレイ、水辺のキセキレイ。

生垣に見つけたジョウビタキ、川に飛び込むカワセミと動画、最後に戯れるカルガモの群れ、春の兆しはどうだろうか?

アオサギ220204
小魚を捕らえたアオサギ220204

浅瀬で上手に魚を捕らえたアオサギ(上の画像)と高い木の枝から魚影を探すカワセミ(下の画像)、餌となる魚にありつけず、少し痩せているようにも見えるカワセミのオス。

空堀川カワセミ220205_1
空堀川新宮前一の橋あたりのカワセミ

ハクセキレイ220205
空堀川丸山二の橋あたりハクセキレイ

クチバシの根もとから目にかけて黒い線の通るハクセキレイ(上の画像)と頭から背と胸が黒いセグロセキレイ(下の画像)。

セグロセキレイ220205
空堀川丸山一の橋あたりセグロセキレイ


空堀川キセキレイ220205
空堀川新庚申橋あたりキセキレイ

胸から腹にかけて黄色い、水辺を好みいつも尾を上下に動かす習性のあるキセキレイ(上の画像)。ジョウビタキ、オスは頭が銀白色、名前のジョウは「尉」で銀髪、ヒタキは「火焚」で、火打石をたたく音に似た音を出す(下の画像)。

ジョウビタキ220205
空堀川高木橋近くの支流でジョウビタキ


空堀川カワセミ220205
空堀川高木橋近くの支流でカワセミ

お馴染みの空堀川のカワセミ、魚を捕らえる時の飛び込む動きは早い(上の画像)。魚を探して川面を見つめる動画と共にお届けしよう。


なかなかか餌となる魚が見つからないカワセミのオス

カワセミのメス220206
定番位置で川面を見つめるカワセミのメス


カルガモの群れ220205
陽射しを楽しむカルガモの群れ

関連記事
[Tag] * 東大和市 * 空堀川 * カワセミ

最終更新日 : 2022-03-22

Comments







非公開コメント