FC2ブログ
Top Page › 地域情報 › 5風景・東大和 › 散歩の話題 春分の空堀川

散歩の話題 春分の空堀川

2021-03-23 (Tue) 09:21

本格的な春の始まりとされる春分の日を過ぎ、空堀川・遊歩道の散歩でも、カルガモだけでなく河原や川面で春を楽しむ種々の住人(野鳥)の姿をみることが増えた。先日の記事( 啓蟄の頃 コサギの冬毛 )に続き、春分の頃の話題をお届けしよう。

まずひとつ目、その記事でもお伝えしたジョウビタキ、雄に続きジョウビタキの雌の姿をはじめてカメラに収めた(3/16)。何の鳥だろうと思い、カメラに収めて、なるほどジョウビタキの雌となった。以前に撮ったジョウビタキの雄とともに画像をお届けしよう。

ふたつ目、遊歩道の奈良橋6丁目南西側の出入り口が開放され八幡通りとの行き来が出来るようになる。予定日は4月1日とのこと。

ジョウビタキ雌210316

カメラに収まったジョウビタキの雌。下にアップしたジョウビタキの雄に比べて、羽の白い紋付きが薄い、未だ幼鳥なのだろうか。雄とは違って明らかに頭の白さがない。

ジョウビタキ雄210228
空堀川で、頭の白さと紋付き袴のジョウビタキの雄を見かけることはカワセミよりも少ない。

空堀川210323_1
長らく閉鎖されていた空堀川遊歩道の奈良橋6丁目南西側が開放され、八幡通りとの往来ができるようになる。下の画像の向こう側に見えるのが東芝中橋で、その向こうに芝中団地が見える。東側が砂の台橋となる場所である。

関連記事

最終更新日 : 2021-03-23

Comments







非公開コメント