fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 2まちかど・ある街で › 月初はデパ地下に直行

月初はデパ地下に直行

2020-10-06 (Tue) 07:36

以前のブログ記事( 森伊蔵・金ラベルを調達 )に書いたように、プレミアム焼酎・森伊蔵の入手は抽選販売が頼り。その森伊蔵・近場の抽選販売窓口は毎月(1日~10日)の立川高島屋の地下・酒売り場、という訳で月初は立川に出向くことが多い。

先週の木曜日(1日)、立川高島屋の7階にあるユザワヤに向かうカミさんにヌレオチバ的同行。早速、地下に寄って抽選販売の申込みを済ませる。エスカレーターで7階に上りながら、今更ながら立川の百貨店高島屋のフロアの様変わりに驚いた。

地下1階から9階までのうち、高島屋百貨店は3つのフロアのみとなっている。


調べてみると、なんと立川高島屋は2018年の10月から施設名もショッピングセンター「立川髙島屋S.C.」となっていた。という訳で、上のフロアマップ画像は2018年10月のもの。現在の7階は、既にユザワヤが半分を占め、残りはエステティックサロン・クリニックとなっている。

遡れば、2011年2月に「iDC大塚家具」(7階)、2016年2月に「ジュンク堂書店」(6階)、2017年11月に「ニトリ」(4,5階)と、直営売場の減床と専門店の出店が続き、専門店との融合化が極限(?)まで進んでいた。立川駅前は他にも「伊勢丹立川店」と「グランデュオ立川」、「ルミネ立川」等が立地する百貨店の激戦区となっている。


ちなみに、ショッピングセンターとは、複数の小売店舗や飲食店、美容院、旅行代理店などサービス業の店舗も入居する商業施設で、略称は「SC」。ショッピングモールとも呼ばれる。
関連記事

最終更新日 : 2020-10-06

Comments







非公開コメント