fc2ブログ
Top Page › コミュニティ情報 › 2地域へ参加・ある街で › タンザニア・支援活動2020年8月

タンザニア・支援活動2020年8月

2020-08-15 (Sat) 04:54

ボランティアで参加している一般社団法人キリマンジャロの会(キリ会)の活動について。新型コロナ感染症の影響で、「さくら女子中学校」(SGSS) への現地直接支援はストップしたままだが、6月末に中学校も再開されて、その後の状況です。

タンザニアに関する入出国管理は諸々の事情もあって、現地駐在スタッフのタンザニア再入国は見通しが立たない。が、これからの支援内容を検討する定例会(8月14日)、4月から数えて5回目のZoomによるオンライン会議を開いた。

今回の主な話題は、在校生と2019年度卒業生(元奨学生)に対する奨学金の支給状況について。5年間のJICAとの共同プロジェクトも残りわずかとなってきた。


奨学金支給対象の卒業生は21名(内訳 ①African Academy of Sciences(3) ②Bording School 公立高校(13) ③専門学校等(5) )、日本からの送金も終え、今までの在校生への支給枠組みに加えて、現地NGOを通じた卒業生への支給も順次行われるようになった。

他にも、コロナ禍を機に進めているICT学習教材(RACHEL)の導入状況、9月に計画されている「生徒中心型授業ワークショップ」、日本サイドでのJAMCO(放送番組国際交流センター)開催のシンポジウム参加、「トビタテ留学Japan」(文科省プログラム)への協力など、が話し合われた。


現地では3カ月以上の臨時休校があったため、今は夕方5時までの補講を行うなど、先生も生徒も必死に頑張っているとのこと。1年間で学ぶ(教える)カリキュラムの量は変わらないために、休んだ分を補う頑張り、全寮制とはいえ大変なことだ。

さくら女子中学校を設立し、学校運営の自立に向けた支援を行うこのプロジェクト、来年の1月までの残り半年を切っている。

関連記事

最終更新日 : 2020-08-15

Comments







非公開コメント