fc2ブログ
Top Page › 地域情報 › 5風景・東大和 › 遭遇ハクビシン 番外編

遭遇ハクビシン 番外編

2020-08-09 (Sun) 09:05

この季節、毎朝のカワセミ撮りに詰めていると、いろいろな自然を目にする、いくつかをカメラに収めた。アオサギ、カッコウ、そしてなんとハクビシンに遭遇!川の擁壁の中段の縁がハクビシンの通り道となっているようだ。

胴が長くて四肢が短い、尾が長く、体長近くの長さがある。四肢と顔が黒っぽく、鼻筋に白線、頬は白く、目の下にも白斑がある。四肢の5本の指での木登りがうまい。目の前の擁壁にある梯子をスルスルと登っていった。近くにカワセミの巣もあって、少し心配。

アオサギ、カッコウ、その他いくつかを。ハクビシンの短い動画も一緒に。


ハクビシンの通り道、この擁壁の縁の長さはかなり長く100メートル近くある。遠くからキョロキョロ、スタスタと近づいてきた、暫し睨めっこ。カワセミの巣の近くを通り、茂みの中に消えて行ったハクビシン。こんなに間近で遭遇するとは思わなかった。


連日同じルートを辿ったハクビシン

橋の欄干にサナエ科のトンボ(8/09、左)とアオサギ(8/08、右)
サナエ科のトンボ200809アオサギ200808


関連記事

最終更新日 : 2020-08-09

Comments







非公開コメント